「人生最期の日に笑顔でいるために今日できること」川嶋朗著

公開日: 更新日:

「病気は運が悪くてなってしまったものではなく、自分自身がつくりだしたもの」――。統合医療の第一人者として、数多くの患者をみとってきた著者の持論だ。生活習慣の乱れがベースにあるのはもちろんだが、恨み、嫉妬、憎しみといったネガティブな思考や、ストレスをため込んでしまうことが、がんなどの重病の原因のひとつになっていると考えている。

 余命宣告を受けた患者にじっくり話を聞くと、人間関係や生活環境など原因は自身にあることが多く、ほとんどの人は「やり残したことがあるから死にたくない」と、人生を後悔しているという。著者は「人は必ず死ぬ。それならば、死を受け入れる覚悟を決めた方が断然生きやすく、楽しい人生になる」と説き、後悔を少なくして、死にたくないという気持ちから解放されるための“心の習慣”を実践することを勧める。

「家族や大切な人に感謝しながら生きる」「寝る前に“いいこと探し”をする」「怒り過ぎない、悲しみ過ぎない」「とっておきのストレス解消法を用意する」「自分のストレスの原因を見つけ、我慢してまでやるべきことなのかどうかを考える」……。

 今日からの人生を、どう生きるかを考えるきっかけにしたい。(イースト・プレス 1100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    彼女にはカードを…志村けん「酒と女と笑い」に捧げた70年

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  5. 5

    安倍総理よ、この時期「不要不急な演説」は自粛を願いたい

  6. 6

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  7. 7

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  8. 8

    コロナ急増「アメリカ死者20万人」伝説の専門家が衝撃発言

  9. 9

    「感染列島」が予見したコウモリの毒性と人工呼吸器不足

  10. 10

    東出を見放した渡辺謙の大人の事情 謝罪会見の発言に失望

もっと見る