「人生最期の日に笑顔でいるために今日できること」川嶋朗著

公開日:

「病気は運が悪くてなってしまったものではなく、自分自身がつくりだしたもの」――。統合医療の第一人者として、数多くの患者をみとってきた著者の持論だ。生活習慣の乱れがベースにあるのはもちろんだが、恨み、嫉妬、憎しみといったネガティブな思考や、ストレスをため込んでしまうことが、がんなどの重病の原因のひとつになっていると考えている。

 余命宣告を受けた患者にじっくり話を聞くと、人間関係や生活環境など原因は自身にあることが多く、ほとんどの人は「やり残したことがあるから死にたくない」と、人生を後悔しているという。著者は「人は必ず死ぬ。それならば、死を受け入れる覚悟を決めた方が断然生きやすく、楽しい人生になる」と説き、後悔を少なくして、死にたくないという気持ちから解放されるための“心の習慣”を実践することを勧める。

「家族や大切な人に感謝しながら生きる」「寝る前に“いいこと探し”をする」「怒り過ぎない、悲しみ過ぎない」「とっておきのストレス解消法を用意する」「自分のストレスの原因を見つけ、我慢してまでやるべきことなのかどうかを考える」……。

 今日からの人生を、どう生きるかを考えるきっかけにしたい。(イースト・プレス 1100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

もっと見る