「幻の料亭・日本橋『百川』」小泉武夫著

公開日:

 日本橋浮世小路にあった「百川」は、客がまず風呂に入ってから酒を飲むという一流の料理茶屋で、頼山陽、伊能忠敬、十返舎一九などの名だたる文人が交流する文化の中心地だった。

 幕末にペリーが浦賀に来航したときは、幕府から一行の供応を依頼された。アメリカ側300人、接待する日本の役人200人、計500人分で、今の金で1億5000万円! 江戸から皿や杯など7500個を運び、格調高い本膳料理で一行をもてなして無事重責を果たした。その後、百川は西洋料理も提供するようになるが、明治維新以降、なぜか忽然と姿を消す。「食の伝道師」小泉氏が幻の料亭「百川」の世界に読者を案内する。(新潮社 1300円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る