「老いるほど血管が強くなる健康法」 南和友著

公開日:

 私たちの健康は血管力に左右されている――。ドイツ・ボッフム大学永代教授で、北関東循環器病院院長の著者は言う。脳や心臓といった臓器や筋肉は、血液中に含まれる酸素や栄養素によって活性化し、機能する。人間の生命力は血液を運ぶ血管の力によって引き出されているのだ。

 では、血管を強くするにはどうすればいいのか。本書では、①「運動」②「感動」③「食事」の3つが効果的だと紹介されている。

①「運動」は、適度に体を動かすことによって拍出量(心臓が拍出する血液の量)が増えるので、心臓も血管も鍛えられる。また、マッサージやストレッチといった外からの刺激でも血流が改善され、血管が若返るという。

②「感動」は、自律神経を鍛えて閾値(いきち)を高めることができる。交感神経は血管の収縮、副交感神経は血管の拡張をコントロールしている。この自律神経を鍛えれば、拍動流(血液の流れ)が保たれるので、動脈硬化の予防になるという。

③「食事」は、低血糖、低塩分、HDLコレステロールを増やすような食事法を意識すると、血管壁を傷つけずに済む。外食を控え、加工食品を減らすのがその第一歩になる。(アチーブメント出版 1200円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る