• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「腸科学」ジャスティン・ソネンバーグほか著、鍛原多惠子訳

 がんや糖尿病、アレルギーに自閉症など、原因も症状もさまざまなこれらの疾患を、一気に抑え込む研究が世界各国で進んでいる。その方法とは、マイクロバイオータと呼ばれる、腸内の微生物相を良好に保つことだ。

 腸内にどんな微生物がすみつくかは、実は生まれた瞬間に決まる。母親のマイクロバイオータは、生まれてくる子に最善の初期微生物を植え付けるため、妊娠中に大きく変化する。しかし、経膣分娩の場合と比べて、帝王切開で生まれた赤ん坊には、これが植え付けられにくいという。

 ただし、マイクロバイオータは食事の変化に速やかに反応するため、いつからでも整えることが可能だ。例えば、炭水化物をしっかりと取ること。微生物のエサとなる炭水化物が不足すると、彼らは腸壁の粘液層に含まれる栄養を吸収するようになる。すると、腸壁が薄くなって荒れ、有害な微生物が増えるリスクも高まるそうだ。

 高齢化して食事の量が減るだけでも、マイクロバイオータは弱体化する。巻末の、腸にいいレシピ集を参考に、微生物たちを元気に保ちたい。(早川書房 1900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  2. 2

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  5. 5

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  6. 6

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  7. 7

    日朝首脳会談 「後退」観測の裏にプーチン大統領の横ヤリ

  8. 8

    東西約300人が在籍 ジャニーズJrは“大人以上に遊んでいる”

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

もっと見る