「腸科学」ジャスティン・ソネンバーグほか著、鍛原多惠子訳

公開日: 更新日:

 がん糖尿病、アレルギーに自閉症など、原因も症状もさまざまなこれらの疾患を、一気に抑え込む研究が世界各国で進んでいる。その方法とは、マイクロバイオータと呼ばれる、腸内の微生物相を良好に保つことだ。

 腸内にどんな微生物がすみつくかは、実は生まれた瞬間に決まる。母親のマイクロバイオータは、生まれてくる子に最善の初期微生物を植え付けるため、妊娠中に大きく変化する。しかし、経膣分娩の場合と比べて、帝王切開で生まれた赤ん坊には、これが植え付けられにくいという。

 ただし、マイクロバイオータは食事の変化に速やかに反応するため、いつからでも整えることが可能だ。例えば、炭水化物をしっかりと取ること。微生物のエサとなる炭水化物が不足すると、彼らは腸壁の粘液層に含まれる栄養を吸収するようになる。すると、腸壁が薄くなって荒れ、有害な微生物が増えるリスクも高まるそうだ。

 高齢化して食事の量が減るだけでも、マイクロバイオータは弱体化する。巻末の、腸にいいレシピ集を参考に、微生物たちを元気に保ちたい。(早川書房 1900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  2. 2

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  3. 3

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  4. 4

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    高嶋哲夫氏「首都感染」は予言の書ではなく予測できたこと

  7. 7

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  8. 8

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  9. 9

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  10. 10

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

もっと見る