「中東の絶望、そのリアル」リチャード・エンゲル著 冷泉彰彦訳

公開日: 更新日:

 13歳のとき、滞在していたモロッコのホテルで〈インターナショナル・ヘラルド・トリビューン〉を読んで、著者は国際ニュースに夢中になった。記者になる夢を持ち、大学を卒業した後、エジプトに向かい、カイロで統一教会系の週刊紙「ミドル・イースト・タイムズ」の記者となる。エジプトの教育制度はひどく、イスラム同胞団が国の代わりに教育を担っているが、彼らはエジプトや自分たちの生活の問題はすべて外部の責任だと信じていた。2003年に米英がバグダッドを爆撃したとき、著者はイラクに残った最後のアメリカ人記者となった。

 イスラム同胞団に近づき、中東を内側から見たジャーナリストの考察。(朝日新聞出版 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    急なトイレのピンチ…少女を救った大学生2人に拍手喝采!

  4. 4

    西村まさ彦“円満離婚”は大ウソ…乳がん患う妻に強要の冷酷

  5. 5

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    老後資金は夫婦で1600万円…必要額2800万円に届かず不安

  8. 7

    異臭の次は房総半島の揺れ…首都直下地震“接近”の状況証拠

  9. 8

    星野源「MIU404」での変幻自在 “平匡さん”から演技ガラリ

  10. 9

    泉佐野市“ふるさと納税バトル”逆転勝訴 安倍強権が赤っ恥

  11. 10

    カギは山本太郎票 IOCが気がかりな東京都知事選の「数字」

もっと見る