• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「中東の絶望、そのリアル」リチャード・エンゲル著 冷泉彰彦訳

 13歳のとき、滞在していたモロッコのホテルで〈インターナショナル・ヘラルド・トリビューン〉を読んで、著者は国際ニュースに夢中になった。記者になる夢を持ち、大学を卒業した後、エジプトに向かい、カイロで統一教会系の週刊紙「ミドル・イースト・タイムズ」の記者となる。エジプトの教育制度はひどく、イスラム同胞団が国の代わりに教育を担っているが、彼らはエジプトや自分たちの生活の問題はすべて外部の責任だと信じていた。2003年に米英がバグダッドを爆撃したとき、著者はイラクに残った最後のアメリカ人記者となった。

 イスラム同胞団に近づき、中東を内側から見たジャーナリストの考察。(朝日新聞出版 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  3. 3

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

  4. 4

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  5. 5

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  6. 6

    マキタスポーツらFA成功も…お笑い芸人に大淘汰時代の到来

  7. 7

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  8. 8

    「すれ違いが原因」に違和感 NHK桑子アナの離婚の真相は?

  9. 9

    X JAPAN・ToshI バラエティーで引っ張りだこの意外な理由

  10. 10

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

もっと見る