「中東の絶望、そのリアル」リチャード・エンゲル著 冷泉彰彦訳

公開日:

 13歳のとき、滞在していたモロッコのホテルで〈インターナショナル・ヘラルド・トリビューン〉を読んで、著者は国際ニュースに夢中になった。記者になる夢を持ち、大学を卒業した後、エジプトに向かい、カイロで統一教会系の週刊紙「ミドル・イースト・タイムズ」の記者となる。エジプトの教育制度はひどく、イスラム同胞団が国の代わりに教育を担っているが、彼らはエジプトや自分たちの生活の問題はすべて外部の責任だと信じていた。2003年に米英がバグダッドを爆撃したとき、著者はイラクに残った最後のアメリカ人記者となった。

 イスラム同胞団に近づき、中東を内側から見たジャーナリストの考察。(朝日新聞出版 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る