「琴電殺人事件」西村京太郎著

公開日: 更新日:

 私立探偵の橋本に人気歌舞伎役者・松川市之介の番頭・嵐からボディーガードの依頼が舞い込む。数日後に迫った香川県の金丸座への出演を中止しなければ、市之介の命を絶つとの脅迫状が届いたというのだ。送り主は市之介の金丸座への出演に反対を言い続けてきた後援者の尾形と思われ、警察にも相談できないという。橋本は、市之介と香川に行くことを約束する。だが、翌朝、尾形が何者かに殺されたというニュースが流れる。状況から脅迫状の送り主が尾形ではなかったことも分かる。元部下の橋本から話を聞いた警視庁の十津川は、市之介を守るために香川に向かう。

 高松のローカル線と日本最古の芝居小屋を舞台に描く長編ミステリー。(新潮社 830円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

  2. 2

    GoTo足かせで宿泊施設増えず…コロナ隔離難民であふれ返る

  3. 3

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  4. 4

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  5. 5

    加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず

  6. 6

    保坂展人・世田谷区長に聞く PCR検査を独自拡大する狙い

  7. 7

    阪神・藤浪と巨人・澤村…先にトレードされるのはどっち?

  8. 8

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  9. 9

    GoTo強行もお盆帰省するな 西村担当相“禅問答”の支離滅裂

  10. 10

    アベノミクス崩壊…企業の内部留保激増も家計には恩恵なし

もっと見る