「琴電殺人事件」西村京太郎著

公開日:

 私立探偵の橋本に人気歌舞伎役者・松川市之介の番頭・嵐からボディーガードの依頼が舞い込む。数日後に迫った香川県の金丸座への出演を中止しなければ、市之介の命を絶つとの脅迫状が届いたというのだ。送り主は市之介の金丸座への出演に反対を言い続けてきた後援者の尾形と思われ、警察にも相談できないという。橋本は、市之介と香川に行くことを約束する。だが、翌朝、尾形が何者かに殺されたというニュースが流れる。状況から脅迫状の送り主が尾形ではなかったことも分かる。元部下の橋本から話を聞いた警視庁の十津川は、市之介を守るために香川に向かう。

 高松のローカル線と日本最古の芝居小屋を舞台に描く長編ミステリー。(新潮社 830円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る