• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「琴電殺人事件」西村京太郎著

 私立探偵の橋本に人気歌舞伎役者・松川市之介の番頭・嵐からボディーガードの依頼が舞い込む。数日後に迫った香川県の金丸座への出演を中止しなければ、市之介の命を絶つとの脅迫状が届いたというのだ。送り主は市之介の金丸座への出演に反対を言い続けてきた後援者の尾形と思われ、警察にも相談できないという。橋本は、市之介と香川に行くことを約束する。だが、翌朝、尾形が何者かに殺されたというニュースが流れる。状況から脅迫状の送り主が尾形ではなかったことも分かる。元部下の橋本から話を聞いた警視庁の十津川は、市之介を守るために香川に向かう。

 高松のローカル線と日本最古の芝居小屋を舞台に描く長編ミステリー。(新潮社 830円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  7. 7

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  8. 8

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

  9. 9

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  10. 10

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

もっと見る