「土偶のリアル」譽田亜紀子著 武藤康弘監修 スソアキコ絵

公開日:  更新日:

 山梨県の甲府盆地東部に釈迦堂遺跡群と呼ばれる大集落の遺跡がある。ここには1116個もの割れてバラバラになった土偶があることで知られている。なぜなのか。

 そもそも「割る」ために作られたという説。割ったものを一つずつ持ち帰って、お守りのように所有したのではないか。なにか揉め事が起こったときに、和解の証しに両者が土偶の破片を所有したとも。さらに、安産祈願などの願いを込めて土偶を作るけれども、願いという執着が心と体をがんじがらめにしてしまわないために、あえて壊すことで固くなった心を解放したのではないか。

 国宝・縄文の女神から遮光器土偶まで、資料とカラー図版を多数収録し、縄文人の心に分け入る17の物語。(山川出版社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  6. 6

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

もっと見る