• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「土偶のリアル」譽田亜紀子著 武藤康弘監修 スソアキコ絵

 山梨県の甲府盆地東部に釈迦堂遺跡群と呼ばれる大集落の遺跡がある。ここには1116個もの割れてバラバラになった土偶があることで知られている。なぜなのか。

 そもそも「割る」ために作られたという説。割ったものを一つずつ持ち帰って、お守りのように所有したのではないか。なにか揉め事が起こったときに、和解の証しに両者が土偶の破片を所有したとも。さらに、安産祈願などの願いを込めて土偶を作るけれども、願いという執着が心と体をがんじがらめにしてしまわないために、あえて壊すことで固くなった心を解放したのではないか。

 国宝・縄文の女神から遮光器土偶まで、資料とカラー図版を多数収録し、縄文人の心に分け入る17の物語。(山川出版社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  4. 4

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  7. 7

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  8. 8

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  9. 9

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  10. 10

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

もっと見る