「土偶のリアル」譽田亜紀子著 武藤康弘監修 スソアキコ絵

公開日: 更新日:

 山梨県の甲府盆地東部に釈迦堂遺跡群と呼ばれる大集落の遺跡がある。ここには1116個もの割れてバラバラになった土偶があることで知られている。なぜなのか。

 そもそも「割る」ために作られたという説。割ったものを一つずつ持ち帰って、お守りのように所有したのではないか。なにか揉め事が起こったときに、和解の証しに両者が土偶の破片を所有したとも。さらに、安産祈願などの願いを込めて土偶を作るけれども、願いという執着が心と体をがんじがらめにしてしまわないために、あえて壊すことで固くなった心を解放したのではないか。

 国宝・縄文の女神から遮光器土偶まで、資料とカラー図版を多数収録し、縄文人の心に分け入る17の物語。(山川出版社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    滝クリ同居拒否は宣戦布告か?進次郎が怯える“嫁姑バトル”

  2. 2

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  3. 3

    三菱UFJ銀行vs三井住友銀行の給与 老後の蓄えは1億円以上

  4. 4

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  5. 5

    コンクリートに7割消える「消費増税2兆円対策」のマヤカシ

  6. 6

    “報道キャスター”櫻井翔の評価急上昇 NHKと日テレで争奪戦

  7. 7

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  8. 8

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  9. 9

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  10. 10

    花田美恵子さん<3>フライト中に貴乃花から食事に誘われて

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る