• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「雲のうえの千枚ダム」西谷大著

 ミャンマー、ラオス、ベトナムの3カ国と国境を接する中国の雲南省には、雲海の上に広がる大棚田地帯がある。本書は、この大棚田を有する海抜およそ1100メートルの金平県者米谷に、約10年間住み込んで行ったフィールド調査をもとにまとめたルポルタージュだ。

 者米谷は、タイ族をはじめ、アール、ヤオなどの8つの少数民族と漢民族が暮らす政治的に微妙な地域で、等高線の入った地図は販売されていない。

 このため、まず人の集まる市で情報収集から始めなければならなかった。たとえばタイ族の場合、水田をドジョウやウナギを捕るためにも利用する。タイ族の女性が結婚相手を選ぶ際には、動物性タンパク質を手に入れてくれるこの水田漁労のうまい男性がもてるというのも面白い。

 なお、現在、雲南省内では外国人による調査の許可が下りないため、本書は民俗学的な資料としての意味も持つ。

 大棚田地帯の光景と人々の表情をとらえた写真も収録されている。(社会評論社 2400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  7. 7

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  8. 8

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

もっと見る