「最強『肉食』ダイエット」長谷川香枝著、渡辺信幸監修

公開日: 更新日:

 ダイエットインストラクターの著者は、無理なダイエットでリバウンドを繰り返した経験を持つ。

「こんなにつらい思いをしても痩せないなら、好きなものを思い切り食べよう」と、封印していた肉を毎日朝昼晩と食べたところ、1週間で体調がよくなり、体重が3キロ減少。それ以降、肉と野菜を食べ続け、半年で15キロの減量に成功した。

 それをきっかけに、肉食とダイエットについて独学で研究を始め、肉をおいしく楽しく食べながらダイエットを成功させる「Kae式肉ダイエットプログラム」を開発。本書では、なぜ肉を食べると痩せられるのか、「肉食ダイエット」を行う際のポイントなどを分かりやすく紹介している。

 帯には、「痩せたいなら全部NG」の4項目が挙げられているのだが、それがすべて一般的に健康のためにいいとされていることだから驚きだ。

 NGの理由もしっかり解説されていて、目からウロコだ。(世界文化社 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  3. 3

    東出昌大“針のムシロ”長期化 良きパパのイメージが致命傷

  4. 4

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  5. 5

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  6. 6

    兜町は戦々恐々 新型肺炎拡大で日経平均2万円割れに現実味

  7. 7

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  8. 8

    日曜朝にTBS「サンモニ」が醸す安心感 人気継続2つの理由

  9. 9

    杉田水脈議員「夫婦別姓ヤジ」で安倍首相お膝元に雲隠れ

  10. 10

    背筋が凍る動機と金満 河井案里1億5000万円は政権の致命傷

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る