• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「最強『肉食』ダイエット」長谷川香枝著、渡辺信幸監修

 ダイエットインストラクターの著者は、無理なダイエットでリバウンドを繰り返した経験を持つ。

「こんなにつらい思いをしても痩せないなら、好きなものを思い切り食べよう」と、封印していた肉を毎日朝昼晩と食べたところ、1週間で体調がよくなり、体重が3キロ減少。それ以降、肉と野菜を食べ続け、半年で15キロの減量に成功した。

 それをきっかけに、肉食とダイエットについて独学で研究を始め、肉をおいしく楽しく食べながらダイエットを成功させる「Kae式肉ダイエットプログラム」を開発。本書では、なぜ肉を食べると痩せられるのか、「肉食ダイエット」を行う際のポイントなどを分かりやすく紹介している。

 帯には、「痩せたいなら全部NG」の4項目が挙げられているのだが、それがすべて一般的に健康のためにいいとされていることだから驚きだ。

 NGの理由もしっかり解説されていて、目からウロコだ。(世界文化社 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  7. 7

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る