「わけあり師匠 事の顛末 物書同心居眠り紋蔵」佐藤雅美著

公開日: 更新日:

 妹のきよが幼馴染みの惣吉に強淫(強姦)されたと兄の幸之助が南町奉行所に訴え出る。与力の助川や同心の紋蔵は、惣吉らを呼び出し、言い分を聞く。惣吉は、きよが強淫されたという時刻、かご屋に絡まれていたお女中を助けていたと話す。助けた女は、広島の浅野家の奥女中だと思われたが、問い合わせると該当する人物はいないという。紋蔵は、元浅野家の奥祐筆で今は手習い塾の師匠を務める初江に協力を求める。初江によって惣吉の無実を証明する千賀子が見つかった。だが、千賀子は手習い塾で師匠の青野を見かけ、顔色が変わる。(「密通女の思う壺」)

 奉行所に持ち込まれる厄介事をさばきながら、紋蔵はこじれた千賀子と青野の仲を取り持つ。人気時代シリーズ最新刊。(講談社 760円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  2. 2

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  3. 3

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  4. 4

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  5. 5

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  8. 7

    西村コロナ担当相がイラつき激高 “逆ギレ会見”に批判殺到

  9. 8

    久米宏は日本のテレビやラジオにまだ必要だ

  10. 9

    安倍首相「自画自賛ウソ会見」と何も突っ込まないお粗末記者

  11. 10

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

もっと見る