「ハガキ職人タカギ!」風カオル著

公開日:

 広島に住む高校2年の高木は、「ガルウィング骨折」のラジオネームでラジオ番組への投稿に励む「ハガキ職人」。とはいっても、投稿の手段はもっぱらメールで、ハガキで出したことはない。学校では友人が1人しかいない高木だが、リスナーの間ではちょっとは名の知られた存在だ。

 夏休み直前、高木は唯一、交流がある職人仲間の「湯葉の人」から東京で行われるハガキ職人のトークライブへの出演を打診される。出演にしり込みしていた高木だが、湯葉に口説かれて夏休みの家族旅行をイベントに合わせて飛び入り参加する。数日後、高木は同級生の榊さんからイベントの話を持ち出されて驚く。

 第15回小学館文庫小説賞を受賞した新感覚青春小説。(小学館 500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る