• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ハガキ職人タカギ!」風カオル著

 広島に住む高校2年の高木は、「ガルウィング骨折」のラジオネームでラジオ番組への投稿に励む「ハガキ職人」。とはいっても、投稿の手段はもっぱらメールで、ハガキで出したことはない。学校では友人が1人しかいない高木だが、リスナーの間ではちょっとは名の知られた存在だ。

 夏休み直前、高木は唯一、交流がある職人仲間の「湯葉の人」から東京で行われるハガキ職人のトークライブへの出演を打診される。出演にしり込みしていた高木だが、湯葉に口説かれて夏休みの家族旅行をイベントに合わせて飛び入り参加する。数日後、高木は同級生の榊さんからイベントの話を持ち出されて驚く。

 第15回小学館文庫小説賞を受賞した新感覚青春小説。(小学館 500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  6. 6

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  7. 7

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  8. 8

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  9. 9

    織田裕二のひと言で消えた「東京ラブストーリー」続編計画

  10. 10

    ファンも聞き飽きた 本田圭佑の“大風呂敷”惨敗した4年前も

もっと見る