「ハガキ職人タカギ!」風カオル著

公開日: 更新日:

 広島に住む高校2年の高木は、「ガルウィング骨折」のラジオネームでラジオ番組への投稿に励む「ハガキ職人」。とはいっても、投稿の手段はもっぱらメールで、ハガキで出したことはない。学校では友人が1人しかいない高木だが、リスナーの間ではちょっとは名の知られた存在だ。

 夏休み直前、高木は唯一、交流がある職人仲間の「湯葉の人」から東京で行われるハガキ職人のトークライブへの出演を打診される。出演にしり込みしていた高木だが、湯葉に口説かれて夏休みの家族旅行をイベントに合わせて飛び入り参加する。数日後、高木は同級生の榊さんからイベントの話を持ち出されて驚く。

 第15回小学館文庫小説賞を受賞した新感覚青春小説。(小学館 500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  2. 2

    “バブリーダンス”伊原六花 「なつぞら」東京編の起爆剤に

  3. 3

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  4. 4

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  5. 5

    大戦中に恋に落ちて…元米軍兵士と仏女性が75年ぶりに再会

  6. 6

    フジ月9出演も決定 「なつぞら」母親対決は山口智子に軍配

  7. 7

    向こう見ずな首相のイラン訪問 取り返しのつかない大失敗

  8. 8

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  9. 9

    レアル入りタイミング最悪…久保建英が南米DF陣に狙われる

  10. 10

    イージスアショア秋田配備 津波リスク隠蔽発覚で地元激怒

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る