「SHOE DOG靴にすべてを。」フィル・ナイト著 太田黒奉之訳

公開日: 更新日:

 創造的で重要な人生を夢見ていたフィルは、24歳のとき、アスリートになれなくてもアスリートと同じ気分を味わえる方法はないかと考え、日本のランニングシューズをアメリカで売ろうと思いつく。父にこのアイデアを説明して旅費を出してもらう。お気に入りのタイガーというブランドを製造しているオニヅカの工場に行くと、重役のミヤザキ氏が案内してくれた。「ミスター・ナイト、なんという会社にお勤めですか」と聞かれてアドレナリンが体中を駆け巡ったが、陸上競技で勝ち取ったブルーリボンが頭に浮かんだ。

「わたしはオレゴン州ポートランドのブルーリボン・スポーツの代表です」

 ナイキをつくった男の自伝。

(東洋経済新報社 1800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  3. 3

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  4. 4

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  5. 5

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  6. 6

    「東京アラート」は音なし…小池都知事は再選に向け蠢動中

  7. 7

    議事録を残さないのは議論を隠蔽して闇に葬り去るためか

  8. 8

    テラハ問題でも変らない バラエティーの常識は世の非常識

  9. 9

    国民の怒り再燃 全戸配布で沸き起こる“アベノマスクの乱”

  10. 10

    MLBが報酬巡り迷走 エ軍大谷はどっちに転んでもひとり勝ち

もっと見る