「詞と曲に隠された物語昭和歌謡の謎」合田道人著

公開日: 更新日:

 今も歌い継がれる昭和のヒット曲に秘められた知られざるドラマを紹介する芸能エッセー。

 卒業式の定番ソングとなった海援隊の「贈る言葉」(1979年)。武田鉄矢主演の人気ドラマ「3年B組金八先生」の主題歌であるが、作詞した武田によると、実は学生時代の失恋体験をもとに書いた詞だという。一方、「瀬戸の花嫁」(1972年)は、当時20歳の小柳ルミ子が「いつまでも歌っていたいから、お嫁には行かない」と話すのを聞いた恩師で作曲家の平尾昌晃が「それならルミ子を歌の中で結婚させてしまおう」とこの曲が生まれたそうだ。その他、ちあきなおみの「喝采」や石川さゆりの「天城越え」など全19曲の秘密に迫る。 (祥伝社 860円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  2. 2

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  3. 3

    阿炎“キャバクラ引退届”の謎 錣山親方の暴走に協会も困惑

  4. 4

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  5. 5

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  6. 6

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  7. 7

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  8. 8

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

  9. 9

    阿炎キャバクラ通いバレ引退届 協会激怒も不受理の可能性

  10. 10

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

もっと見る