「詞と曲に隠された物語昭和歌謡の謎」合田道人著

公開日:  更新日:

 今も歌い継がれる昭和のヒット曲に秘められた知られざるドラマを紹介する芸能エッセー。

 卒業式の定番ソングとなった海援隊の「贈る言葉」(1979年)。武田鉄矢主演の人気ドラマ「3年B組金八先生」の主題歌であるが、作詞した武田によると、実は学生時代の失恋体験をもとに書いた詞だという。一方、「瀬戸の花嫁」(1972年)は、当時20歳の小柳ルミ子が「いつまでも歌っていたいから、お嫁には行かない」と話すのを聞いた恩師で作曲家の平尾昌晃が「それならルミ子を歌の中で結婚させてしまおう」とこの曲が生まれたそうだ。その他、ちあきなおみの「喝采」や石川さゆりの「天城越え」など全19曲の秘密に迫る。 (祥伝社 860円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

もっと見る