「『大人の歌謡曲』公式ガイドブック」富澤一誠著

公開日: 更新日:

 先ごろ発売された、1970年前後のヒット曲を集めた5枚組CD「大人の歌謡曲」。“J-POP”でもなく“演歌”でもない、良質な大人の音楽90曲を収録している。

 そして、このCDの監修者が90曲について語り下ろしているのが、富澤一誠著「『大人の歌謡曲』公式ガイドブック」だ。各曲の裏話やヒットの背景などについてざっくばらんに語られており、読み進めるほどに懐かしの曲を聴きたくなってくる。

 例えば、71年にヒットした尾崎紀世彦の「また逢う日まで」。これは時代の先取りをしたマニフェストソングであると言う。男と女の別れの曲は数あるが、これ以前の曲は演歌の世界で、どうしようもない男が女を捨て、女はさめざめと泣いているパターンがお決まりだった。しかし、70年代に入ると女もりりしくなり、お互いに別れることを納得して“2人で玄関のドアの名前を消す”。発展的解消の先駆けを歌った曲なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  4. 4

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  5. 5

    ジュニア「22歳定年制」導入 “ポスト木村拓哉”だったT君は

  6. 6

    松本潤「どうする家康」でNHKが狙う“ALLジャニーズ時代劇”

  7. 7

    コロナ患者退院後12.3%死亡の衝撃 回復しても3割が再入院

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  10. 10

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

もっと見る

人気キーワード