日本初のコンセプトアルバムはタイガース

公開日: 更新日:

「昭和歌謡ポップスアルバムガイド 1959-1979」馬飼野元宏監修

 昨今の日本の音楽業界を牛耳るのが、AKBにEXILEにジャニーズ。CDランキングをいつ見てもこの3組が上位を占め、もっと大人の歌はないのかとため息が漏れる。

 そんな諸兄にお勧めしたいのが、馬飼野元宏監修「昭和歌謡ポップスアルバムガイド 1959-1979」(シンコーミュージック 2400円+税)。昭和の20年間にリリースされたポップス系のアルバムに注目し、800枚余りをジャケットと曲名、そしてリリースの背景などもあわせて紹介している。

 歌謡曲といえば、当時シングル盤が主力商品で、アルバムはシングルを集めたベスト盤と世間一般では認識されていた。しかし1967年、ビートルズがひとつの明確なテーマを持って作られた楽曲で構成した、音楽史上初といわれるコンセプトアルバム「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」を発表。日本ではこの影響をダイレクトに受け、アルバムの形が変化していった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  2. 2

    大船渡・佐々木に“神風” V候補敗退しジャッジも援護射撃に

  3. 3

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  4. 4

    「ルパンの娘」で“55歳美魔女”怪演 42歳小沢真珠の女優魂

  5. 5

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  6. 6

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  7. 7

    市場が警戒…参院選後の日本を超円高と株価暴落が襲う

  8. 8

    2019年参議院選挙で注目 美魔女候補11人の「明と暗」

  9. 9

    宮迫と亮に暗部暴かれ…吉本は“芸人クーデター”で瓦解寸前

  10. 10

    センバツV東邦や強豪校が地方大会序盤で相次ぎ消えた理由

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る