日本初のコンセプトアルバムはタイガース

公開日: 更新日:

「昭和歌謡ポップスアルバムガイド 1959-1979」馬飼野元宏監修

 昨今の日本の音楽業界を牛耳るのが、AKBにEXILEにジャニーズ。CDランキングをいつ見てもこの3組が上位を占め、もっと大人の歌はないのかとため息が漏れる。

 そんな諸兄にお勧めしたいのが、馬飼野元宏監修「昭和歌謡ポップスアルバムガイド 1959-1979」(シンコーミュージック 2400円+税)。昭和の20年間にリリースされたポップス系のアルバムに注目し、800枚余りをジャケットと曲名、そしてリリースの背景などもあわせて紹介している。

 歌謡曲といえば、当時シングル盤が主力商品で、アルバムはシングルを集めたベスト盤と世間一般では認識されていた。しかし1967年、ビートルズがひとつの明確なテーマを持って作られた楽曲で構成した、音楽史上初といわれるコンセプトアルバム「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」を発表。日本ではこの影響をダイレクトに受け、アルバムの形が変化していった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  3. 3

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  4. 4

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  7. 7

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  10. 10

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

もっと見る