日本初のコンセプトアルバムはタイガース

公開日:  更新日:

「昭和歌謡ポップスアルバムガイド 1959-1979」馬飼野元宏監修

 昨今の日本の音楽業界を牛耳るのが、AKBにEXILEにジャニーズ。CDランキングをいつ見てもこの3組が上位を占め、もっと大人の歌はないのかとため息が漏れる。

 そんな諸兄にお勧めしたいのが、馬飼野元宏監修「昭和歌謡ポップスアルバムガイド 1959-1979」(シンコーミュージック 2400円+税)。昭和の20年間にリリースされたポップス系のアルバムに注目し、800枚余りをジャケットと曲名、そしてリリースの背景などもあわせて紹介している。

 歌謡曲といえば、当時シングル盤が主力商品で、アルバムはシングルを集めたベスト盤と世間一般では認識されていた。しかし1967年、ビートルズがひとつの明確なテーマを持って作られた楽曲で構成した、音楽史上初といわれるコンセプトアルバム「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」を発表。日本ではこの影響をダイレクトに受け、アルバムの形が変化していった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  3. 3

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  4. 4

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  5. 5

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  6. 6

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  7. 7

    メディアは国のトップ発言の垂れ流しを終わりにするべき

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  10. 10

    鈴木誠也の2位指名は“凡打ばかりのプレゼン”も一役買った

もっと見る