• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日本初のコンセプトアルバムはタイガース

「昭和歌謡ポップスアルバムガイド 1959-1979」馬飼野元宏監修

 昨今の日本の音楽業界を牛耳るのが、AKBにEXILEにジャニーズ。CDランキングをいつ見てもこの3組が上位を占め、もっと大人の歌はないのかとため息が漏れる。

 そんな諸兄にお勧めしたいのが、馬飼野元宏監修「昭和歌謡ポップスアルバムガイド 1959-1979」(シンコーミュージック 2400円+税)。昭和の20年間にリリースされたポップス系のアルバムに注目し、800枚余りをジャケットと曲名、そしてリリースの背景などもあわせて紹介している。

 歌謡曲といえば、当時シングル盤が主力商品で、アルバムはシングルを集めたベスト盤と世間一般では認識されていた。しかし1967年、ビートルズがひとつの明確なテーマを持って作られた楽曲で構成した、音楽史上初といわれるコンセプトアルバム「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」を発表。日本ではこの影響をダイレクトに受け、アルバムの形が変化していった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  6. 6

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る