「70年代シティ・ポップ・クロニクル」萩原健太著

公開日:  更新日:

 70年代、ロックという外来文化に日本語を絡ませようと、多くのシンガーがチャレンジした。日本語の発音を根底から覆すような矢沢永吉の歌声に、著者は何か大切なものを破壊されるような快感を感じたが、この快感を芸術的な域にまで高めたのが桑田佳祐だ。桑田は日本語に誰も想像しなかったグルーブ(ある種の高揚感)を与えた楽曲群を、歌謡ポップス主流の音楽シーンで大ヒットさせた。それ以後、ロックは歪んだ日本語で歌われるようになり、主流の歌謡曲と傍流のロック、フォークが一気に交わったのだ。70年代の日本のポップ・シーンを15枚の名盤で語る70年代シティ・ポップ論。(Pヴァイン 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る