「大奥づとめ」永井紗耶子著

公開日: 更新日:

 元御家人の長女である結衣は親が決めた婿取りから逃げるため、大奥づとめに入り、「利久」と名前を改める。大奥での出世といえば、上様のお子を産んで側室になることと思っていたが、お手つきの「汚れたかた」ではなく、お手のついていない奥女中「お清」として出世する道があるらしい。出世を望む利久は「お清」を選び、御台様の世話をする「御三の間」から、やがて奥の出来事を記録する「祐筆」で務めるようになる。利久は日々の中で大奥でのさまざまな女の生きざまに触れるうち、女たちの聞き書きを始める……。(「ひのえうまの女」)

 ほか「いろなぐさの女」「ねこめでる女」など全6編を収録。大奥に“就職”した女たちの葛藤と情熱、苦楽を描く連作時代短編集。

(新潮社 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  2. 2

    センバツV東邦や強豪校が地方大会序盤で相次ぎ消えた理由

  3. 3

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  4. 4

    最終議席予想は安倍敗北 改憲勢力75議席で3分の2に届かず

  5. 5

    この声も警察は排除するのか 地鳴りのような「安倍辞めろ」

  6. 6

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

  7. 7

    れいわ野原に学会票 東京で公明が共産に半世紀ぶり敗北か

  8. 8

    宇垣美里の加入で オスカー“バラエティー班”4人娘勢い加速

  9. 9

    安倍自民は大誤算 首都圏は「最後の1議席」が大激戦に

  10. 10

    「西城秀樹のサインはダメ」と叱ったジャニー喜多川さん

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る