「敗れども負けず」武内涼著

公開日: 更新日:

 冒頭の作品「管領の馬」の主人公は、関東管領・山内上杉憲政。甲陽軍鑑にも「生得昏愚にして武将の器なし」とまで酷評されている。物語は北条氏康軍に攻め込まれ、憲政の跡取り息子・龍若丸(13歳)が守る支城が落城寸前。城を失えば、本城の壊滅ばかりか、跡継ぎを失うことになる。

 上杉軍も奮戦したが、城は落城。ほうほうの体で、憲政以下は逃げるのだが、長尾景虎に管領職と上杉姓を譲ることにする。上杉謙信の誕生だ。 後に謙信率いる「反北条連合軍」による小田原城包囲などさまざまな激動を関東に引き起こす。 ほかに、龍造寺隆信、北条政子ら敗軍の将を主人公にした異色の5短編時代小説を収録。 (新潮社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  7. 7

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  8. 8

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  9. 9

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  10. 10

    ロシア紙さえも“詭弁”と評したプーチン大統領の特異解釈

もっと見る