「泥棒はスプーンを数える」ローレンス・ブロック著 田口俊樹訳

公開日:

 ニューヨークで古本屋を営むバーニイは、スミスと名乗る客から、博物館に所蔵されているフィッツジェラルドの生原稿を盗み出してほしいと頼まれる。スミスはバーニイのもうひとつの仕事が泥棒だと知っていた。原稿は発表前の仮タイトルがつけられているため、博物館はその価値に気づいていないらしい。

 2週間後、依頼された仕事を終えたバーニイは、客として目の前に現れたとびっきりの美人、ジャニーンと夢のような一夜を過ごす。翌朝、殺人事件の捜査を担当する顔見知りの刑事、レイがバーニイを訪ねてきた。バーニイはレイに頼まれ、泥棒の視点から現場を検証することに。

「泥棒探偵バーニイ・ローデンバー」シリーズ最終巻。

(集英社 1100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

もっと見る