「首折り男のための協奏曲」伊坂幸太郎著

公開日:  更新日:

■技巧を凝らし、円熟な境地を感じさせる連作集

「これ、隣のお兄さんじゃないかしら」
 テレビを見ていた老妻が夫に聞く。首の骨を折って殺す連続殺人事件の容疑者の特徴が隣に住む青年と似ているという老夫婦の会話から始まるのが冒頭の「首折り男の周辺」。

 首折り男とそっくりな外貌の気の弱い大男、クラスでいじめを受けている中学生、そして首折り男本人の3者が奇妙な縁でつながっていく。

 続く「濡れ衣の話」は、息子を自動車事故で亡くした男と首折り男が遭遇して意想外の話へ展開する。次の「僕の船」は冒頭の老夫婦が再登場し、泥棒兼私立探偵の黒澤に老妻が初恋の男を捜してほしいと頼む。その黒澤は続く、「人間らしく」「月曜日から逃げろ」「相談役の話」の3つの話の主役となっていく。そしてラストの「合コンの話」には再び首折り男が出てきて冒頭につながるという趣向だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る