「首折り男のための協奏曲」伊坂幸太郎著

公開日: 更新日:

■技巧を凝らし、円熟な境地を感じさせる連作集

「これ、隣のお兄さんじゃないかしら」
 テレビを見ていた老妻が夫に聞く。首の骨を折って殺す連続殺人事件の容疑者の特徴が隣に住む青年と似ているという老夫婦の会話から始まるのが冒頭の「首折り男の周辺」。

 首折り男とそっくりな外貌の気の弱い大男、クラスでいじめを受けている中学生、そして首折り男本人の3者が奇妙な縁でつながっていく。

 続く「濡れ衣の話」は、息子を自動車事故で亡くした男と首折り男が遭遇して意想外の話へ展開する。次の「僕の船」は冒頭の老夫婦が再登場し、泥棒兼私立探偵の黒澤に老妻が初恋の男を捜してほしいと頼む。その黒澤は続く、「人間らしく」「月曜日から逃げろ」「相談役の話」の3つの話の主役となっていく。そしてラストの「合コンの話」には再び首折り男が出てきて冒頭につながるという趣向だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  3. 3

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  4. 4

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  5. 5

    真の経済効果は28兆円 空前絶後の閉店招く粉飾コロナ対策

  6. 6

    横山やすし師匠、あの理不尽な苦痛を俺は一生忘れません!

  7. 7

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    筧美和子は女優に転身…打ち切り「テラハ」元住人の現在地

  10. 10

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

もっと見る