「フェルメールの憂鬱」望月諒子著

公開日:  更新日:

 ベルギーの小さな村の古い教会の壁にかかっていた古ぼけた絵画が何者かに持ち去られる。8年前、教会に赴任した牧師のトマスは、前任者から、その絵が実はブリューゲルの真作だと教えられていた。しかし、そのことを知るのは自分と前任者しかいない。

 トマスは密かに絵を取り戻そうと、かつての泥棒仲間のイアンに助けを求める。数日後、ロシアの貴族の末裔の屋敷からフェルメールの真作が発見されたというニュースが世界を駆け巡る。銀座の画廊の店主・日野が、そのフェルメールの絵の売却を委託されたという噂を聞きつけ、宗教法人隆明会が設立した美術館に出入りする画商の中地が訪ねてくる。

 名画を巡るだまし合いを描く長編エンタメ。(光文社 1500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  5. 5

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  6. 6

    NHK紅白なのに“特別枠”ばかり 平成最後はご都合主義の極み

  7. 7

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  8. 8

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  9. 9

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る