• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「フェルメールの憂鬱」望月諒子著

 ベルギーの小さな村の古い教会の壁にかかっていた古ぼけた絵画が何者かに持ち去られる。8年前、教会に赴任した牧師のトマスは、前任者から、その絵が実はブリューゲルの真作だと教えられていた。しかし、そのことを知るのは自分と前任者しかいない。

 トマスは密かに絵を取り戻そうと、かつての泥棒仲間のイアンに助けを求める。数日後、ロシアの貴族の末裔の屋敷からフェルメールの真作が発見されたというニュースが世界を駆け巡る。銀座の画廊の店主・日野が、そのフェルメールの絵の売却を委託されたという噂を聞きつけ、宗教法人隆明会が設立した美術館に出入りする画商の中地が訪ねてくる。

 名画を巡るだまし合いを描く長編エンタメ。(光文社 1500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る