北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「ベルリンは晴れているか」深緑野分著

公開日: 更新日:

 第2次大戦末期のヨーロッパを舞台にした「戦場のコックたち」は実に鮮烈な小説だった。アメリカのコック兵が戦場で出合う「日常の謎」を描くミステリーだったが、「日常の謎」とはいっても、野戦病院の場面にむせかえるような血のにおいが充満していたように、冷たくリアルな戦場シーンが印象的な小説であった。

 今回もたっぷりと読ませて飽きさせない。今度の舞台は、戦争が終結したばかりのベルリン。焦土と化した街は、米英仏ソの連合軍の統治下におかれているが、早くも米英仏とソ連のにらみ合いは始まっている。

 街には死体が転がり、道行く人は手首に白いものを巻いている。降参した印を目につくところに置いてないと何をされるかわからないのだ。

 そういう街を歩いていくのは、ドイツ人の少女アウグステ。恩人の死を伝えるために甥を捜しに旅に出たのだ。同行するのは陽気な泥棒カフカ。この2人がさまざまな人に出会いながら、焦土と化した街を歩いていく。つまりこれは、ロードノベルだ。

 恩人の死を伝えるためだけに苦難の旅を続けるのは、いくらなんでもヘンだという気もするけれど(きっと何かが隠されているのだろうが、それが何なのかは分からないのだ)、その真相が明かされるラストが圧巻。

 人物造形も描写も相変わらず素晴らしく、さらに途中にヒロインの過去が挿入されるが、この構成もよく、一気読みの傑作だ。

 (筑摩書房 1900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  3. 3

    菅政権で内紛 総務相めぐる“嫌がらせ人事”に麻生氏激怒

  4. 4

    「長澤会」躍進 東出昌大かばう“男気”に心酔する女優続々

  5. 5

    なぜ芸能界に「自殺」連鎖が…芸能リポーターが憂う“残像”

  6. 6

    自閉症の子が愛する缶詰がコロナで店から消え…幸せな結末

  7. 7

    隠し子疑惑に陰毛事件 坂本1億総活躍相は“下半身ネタ”豊富

  8. 8

    アベノマスクやはり“バカ高”だった…黒塗り忘れで単価バレ

  9. 9

    長澤まさみ20周年に相次ぐ試練…共演者の死と元カレ逮捕

  10. 10

    竹内結子さんと芦名星さんを結ぶ点と線…連鎖はあるのか?

もっと見る

人気キーワード