• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ヨットで太平洋横断の噂も…「いいとも!」から解放されたタモリの悠々自適

<スタッフは失職者続出>

「可もなく不可もなくで、与えられた役割をこなしてきた人。目立たないし、毒もないし、面白みもありません。『いいとも』に就職したサラリーマンが課長で定年を迎えるという感じですね」

 来年3月末で打ち切りが決まった「笑っていいとも!」司会のタモリ(68)についてこう話すのは芸能評論家の肥留間正明氏だ。

 1982年にスタートした長寿番組である。お役御免のタモリはスッキリかもしれないが、「寝耳に水。タモリさんはやめても番組は未来永劫(えいごう)続くと思っていた」と肩を落とすのは、さる番組関係者だ。

「マンネリ化した番組にタモリさんがヤル気を失っていたのは間違いない。でも、30年以上も続き、100人以上のスタッフが関わっている番組は一つの『会社』と同じ。この番組の仕事だけで長年メシを食べている人も多く、その背後には何百人もの家族がいる。フジテレビを象徴する番組だから、これまでは視聴率が悪いとか、裏番組に抜かれたとかいう理由だけでは打ち切り対象にならず、一昨年の30周年勇退説も乗り切ったのですが……。4月から新番組になったらスタッフも制作会社も一新されるはず。職を失う人も多いでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る