ヨットで太平洋横断の噂も…「いいとも!」から解放されたタモリの悠々自適

公開日: 更新日:

<スタッフは失職者続出>

「可もなく不可もなくで、与えられた役割をこなしてきた人。目立たないし、毒もないし、面白みもありません。『いいとも』に就職したサラリーマンが課長で定年を迎えるという感じですね」

 来年3月末で打ち切りが決まった「笑っていいとも!」司会のタモリ(68)についてこう話すのは芸能評論家の肥留間正明氏だ。

 1982年にスタートした長寿番組である。お役御免のタモリはスッキリかもしれないが、「寝耳に水。タモリさんはやめても番組は未来永劫(えいごう)続くと思っていた」と肩を落とすのは、さる番組関係者だ。

「マンネリ化した番組にタモリさんがヤル気を失っていたのは間違いない。でも、30年以上も続き、100人以上のスタッフが関わっている番組は一つの『会社』と同じ。この番組の仕事だけで長年メシを食べている人も多く、その背後には何百人もの家族がいる。フジテレビを象徴する番組だから、これまでは視聴率が悪いとか、裏番組に抜かれたとかいう理由だけでは打ち切り対象にならず、一昨年の30周年勇退説も乗り切ったのですが……。4月から新番組になったらスタッフも制作会社も一新されるはず。職を失う人も多いでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  2. 2

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  5. 5

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  6. 6

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  7. 7

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  8. 8

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  9. 9

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

  10. 10

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る