ヨットで太平洋横断の噂も…「いいとも!」から解放されたタモリの悠々自適

公開日: 更新日:

<スタッフは失職者続出>

「可もなく不可もなくで、与えられた役割をこなしてきた人。目立たないし、毒もないし、面白みもありません。『いいとも』に就職したサラリーマンが課長で定年を迎えるという感じですね」

 来年3月末で打ち切りが決まった「笑っていいとも!」司会のタモリ(68)についてこう話すのは芸能評論家の肥留間正明氏だ。

 1982年にスタートした長寿番組である。お役御免のタモリはスッキリかもしれないが、「寝耳に水。タモリさんはやめても番組は未来永劫(えいごう)続くと思っていた」と肩を落とすのは、さる番組関係者だ。

「マンネリ化した番組にタモリさんがヤル気を失っていたのは間違いない。でも、30年以上も続き、100人以上のスタッフが関わっている番組は一つの『会社』と同じ。この番組の仕事だけで長年メシを食べている人も多く、その背後には何百人もの家族がいる。フジテレビを象徴する番組だから、これまでは視聴率が悪いとか、裏番組に抜かれたとかいう理由だけでは打ち切り対象にならず、一昨年の30周年勇退説も乗り切ったのですが……。4月から新番組になったらスタッフも制作会社も一新されるはず。職を失う人も多いでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

もっと見る