ロケ取材で吉高由里子を涙させた NHK朝ドラの“重圧”

公開日: 更新日:

「朝の顔の自信は、まだございません。すごい怖いし、不安だし……」

 心細げな様子でこう語ったのは、吉高由里子(25)。21日、山梨県甲府市郊外で、ヒロインを演じるNHK連続テレビ小説「花子とアン」(来年3月31日スタート)のロケ収録に参加した。朝ドラの撮影はまだ2日目で、山梨ロケはこの日が初めてという吉高は、5年ぶりに甲府に帰郷した花子(吉高)が、家族の期待を背負って再び東京に戻るシーンの撮影に挑んだ。

 現場での会見中、質疑応答の場面で媒体名を言い忘れた報道陣に「媒体名をお伺いしてよろしいですか?」とおどけると、「ありがとうございます、アミューズの吉高由里子です」と返し、周囲を笑わせるひとコマも。さらに、「宿泊したホテルのお風呂で(母親役の)室井滋さんとばったりお会いして、撮影に入る前に“裸の付き合い”をすることができた。母と娘で月を見ながらバタ足して。おかげでリラックスして今日の撮影に臨めました」と語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  4. 4

    自民が9月入学で造反 党内に漂う“裸の王様”安倍離れの空気

  5. 5

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  6. 6

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  7. 7

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  8. 8

    安倍政権がなにかやるとき…良い子のみんなはわかってる!

  9. 9

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  10. 10

    木村花さんの死を招きついに打ち切り…「テラハ」の罪と罰

もっと見る