ロケ取材で吉高由里子を涙させた NHK朝ドラの“重圧”

公開日: 更新日:

「朝の顔の自信は、まだございません。すごい怖いし、不安だし……」

 心細げな様子でこう語ったのは、吉高由里子(25)。21日、山梨県甲府市郊外で、ヒロインを演じるNHK連続テレビ小説「花子とアン」(来年3月31日スタート)のロケ収録に参加した。朝ドラの撮影はまだ2日目で、山梨ロケはこの日が初めてという吉高は、5年ぶりに甲府に帰郷した花子(吉高)が、家族の期待を背負って再び東京に戻るシーンの撮影に挑んだ。

 現場での会見中、質疑応答の場面で媒体名を言い忘れた報道陣に「媒体名をお伺いしてよろしいですか?」とおどけると、「ありがとうございます、アミューズの吉高由里子です」と返し、周囲を笑わせるひとコマも。さらに、「宿泊したホテルのお風呂で(母親役の)室井滋さんとばったりお会いして、撮影に入る前に“裸の付き合い”をすることができた。母と娘で月を見ながらバタ足して。おかげでリラックスして今日の撮影に臨めました」と語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  8. 8

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  9. 9

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  10. 10

    会長の「終身雇用守れぬ」発言に隠された経団連の“本音”

もっと見る