マシンガンズ滝沢が作家デビュー「きっかけはゴミ収集バイト」

公開日:  更新日:

 3月6日に発売された小説「かごめかごめ」(双葉社)が話題だ。お笑いコンビ・マシンガンズの滝沢秀一(37)の作家デビュー作で、昨年「E☆エブリスタ電子書籍大賞」の双葉社賞を受賞した小説「鬼虐め」を改題し加筆修正したものである。

 ある女性をストーキングしていた主人公が、ある時から追われる立場に変化するというサスペンスホラー。滝沢は作家デビューが〝長年の夢″だったようで、7、8年前から年に1~2本文学賞に応募していたという。

 99年にコンビ結成。立ち位置は左で金髪のほう。相方の西堀亮とはカルチャースクールでお笑いを学んでいたときに出会ったそうで、07年、08年には「M―1グランプリ」準決勝進出、12年「THE MANZAI」認定漫才師に選ばれている。

 お笑い評論家のラリー遠田氏が言う。

「スタイルは、ボケとツッコミといった一般的な役割分担にこだわらず、両者が激しく世間への不満を大声でがなりたてる『Wヒガミ漫才』。ネタの種類は豊富で、ネタ中身が多少変わっても、2人が荒々しく叫び続けるというところだけは変わらない。漫才では、どちらかというと西堀さんのほうが中心になってしゃべっていますが、文才があるのは滝沢さんのほう。マシンガンズ名義で11年に出されたエッセー『女はみんな同じ教科書を読んでいる。』でも、本文を執筆しているのは滝沢さん。本質を突く洞察力と粘り強い思考力に裏打ちされた文章には、独特の味わいがあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る