日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
クロキタダユキ
著者のコラム一覧
クロキタダユキ

柘榴坂の仇討(2014年 日本)

イラスト・クロキタダユキ

「姿形は変わろうと捨ててはならぬものがある」

 江戸の幕末、近習の身の下級武士・金吾(中井貴一)は、主君・井伊直弼を桜田門で殺害されてしまい、切腹を願い出る。藩は敵である水戸浪士の首を、直弼の墓前に持ってくるように命じる。それから13年。文明開化で侍の姿も消えた東京に一人、下命を遂行すべく歩く金吾がいた。残る敵・十兵衛(阿部…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事