興収予測は15億円超 「アイアムアヒーロー」大人気のワケ

公開日:  更新日:

 凡作揃いで毎度期待を裏切られる「人気コミックの実写映画化」だが、ついに傑作が登場だ。大泉洋主演、有村架純&長澤まさみのダブルヒロインが話題の「アイアムアヒーロー」の評判がすこぶる良い。漫画原作映画には厳しい映画批評家の前田有一氏も「久々の当たり」と太鼓判を押す。

■原作ファンを唸らせた

「有名コミックの映画化に対する原作ファンの目は甘くありません。とくに邦画界は『ルパン三世』『ガッチャマン』、そして『進撃の巨人』など原作の世界観をぶち壊すような凡作ばかり量産し、そのたびに炎上騒ぎとなるのが恒例となっています。そんな中、本作はキャスト3人の魅力、監督の演出、長大な原作から的確に取捨選択した脚本など総合的なバランスがいい」

 原作は19巻で累計600万部超の、花沢健吾による同名人気漫画。過激なアクション描写と予測を裏切る展開が話題を呼び、マンガ大賞に3年連続ノミネートされたこの原作を「GANTZ」「図書館戦争」シリーズをヒットさせた佐藤信介監督が実写化した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る