“新CM女王”有村架純 映画でも「あま3人娘」トップの活躍

公開日:  更新日:

「撮影から1年後、こうして皆さんに見ていただけるというのは、懐かしいような恥ずかしいような気持ちです」と初々しい笑顔で話し、満場の拍手に包まれていた。今年上半期のCM出演本数が12本を数え、新CMの女王として人気の女優、有村架純(21)である。

 7日には、都内で封切られた主演の短編映画「平穏な日々、奇蹟の陽」の舞台あいさつ。同作で有村は、日本でスタートした国際短編映画祭「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2014」の最優秀女優賞に選ばれた。

「まさか自分が選ばれると思ってなかったので、とってもうれしかったです」と改めて、喜びを口にしていた。

「彼女は映画女優としても、出世株ですよ」と、スポーツ紙映画担当記者が言う。

「この夏のジブリ映画『思い出のマーニー』で主役マーニーの声を担当し注目されましたが、同じ声優として月末公開の『くるみ割り人形』の主役を担当していますし、来年には東宝が人気コミックを映画化する『アイアムアヒーロー』のヒロイン演じるなど、わかっているだけで3作あり、話題作への出演が目白押しです。昨年のNHK朝ドラ『あまちゃん』で小泉今日子の少女時代をはつらつと演じ、能年玲奈、橋本愛と並び“あまちゃん3人娘”と呼ばれたものですが、CMに続き、映画でも3人中トップの活躍となりそうです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る