• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

脇役から一気に飛躍 何が有村架純を「主演女優」に変えたのか

 和田アキ子が男役で登場したドラマもあって土曜プレミアム「世にも奇妙な物語 25周年記念!秋の2週連続SP~傑作復活編~」(フジテレビ系)が話題になった(28日は2夜目「~映画監督編~」放送)。

 先週、和田同様によかった女優は「昨日公園」主演の有村架純。親友だった女子と久々に公園で再会する設定だった。親友は別れた後に事故死してしまう。やり切れぬ思いで翌日に公園に行くと、昨日と同じように親友がいる。つまり昨日に戻ったのだ。有村は死なせないように家まで送ったり努力するが、いつも別の理由で親友は死ぬ……その繰り返しのSFもの。

 何度やり直しても親友が死んでしまう、そんな理不尽に直面する女子を有村は切なさを込めて演じた。

 死んだはずの親友が公園にいて、「本当に、隆子?」と微妙に驚いたり、どうにか死なせずに済んで「間に合った……」と人知れず安堵したり、難しい芝居もこなしている。切ない芝居が良いのは少し腫れぼったい目が色っぽいからだろう(余談だが、セーターでもわかるほどにやや巨乳だ)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事