脇役から一気に飛躍 何が有村架純を「主演女優」に変えたのか

公開日:  更新日:

 和田アキ子が男役で登場したドラマもあって土曜プレミアム「世にも奇妙な物語 25周年記念!秋の2週連続SP~傑作復活編~」(フジテレビ系)が話題になった(28日は2夜目「~映画監督編~」放送)。

 先週、和田同様によかった女優は「昨日公園」主演の有村架純。親友だった女子と久々に公園で再会する設定だった。親友は別れた後に事故死してしまう。やり切れぬ思いで翌日に公園に行くと、昨日と同じように親友がいる。つまり昨日に戻ったのだ。有村は死なせないように家まで送ったり努力するが、いつも別の理由で親友は死ぬ……その繰り返しのSFもの。

 何度やり直しても親友が死んでしまう、そんな理不尽に直面する女子を有村は切なさを込めて演じた。

 死んだはずの親友が公園にいて、「本当に、隆子?」と微妙に驚いたり、どうにか死なせずに済んで「間に合った……」と人知れず安堵したり、難しい芝居もこなしている。切ない芝居が良いのは少し腫れぼったい目が色っぽいからだろう(余談だが、セーターでもわかるほどにやや巨乳だ)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  3. 3

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  4. 4

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  5. 5

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  6. 6

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  7. 7

    メディアは国のトップ発言の垂れ流しを終わりにするべき

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  10. 10

    鈴木誠也の2位指名は“凡打ばかりのプレゼン”も一役買った

もっと見る