TBSヤラセ疑惑 “告発”の池袋絵意知氏「ホトホト疲れた」

公開日: 更新日:

 日曜夜のTBS系バラエティー「珍種目№1は誰だ!? ピラミッド・ダービー」(6月19日放送回)のヤラセ疑惑が波紋を広げている件。知れ渡るようになったのは、顔相鑑定士の池袋絵意知氏が、自身のブログで〈テレビの裏側全部暴露します【編集ではなく捏造】〉(22日付)と題し“告発”したからだ。

 同氏によると、入れ替わった双子を区別するコーナーに解答者として出演したが、収録では正解していたにもかかわらず、オンエアでは不正解扱いにされ、番組途中からCGで姿を消されてしまったというのだ。

 制作サイドからの申し出により、番組プロデューサー2人と26日に面談。直接謝罪を受けたという池袋氏は、現在の心境をこう吐露する。

「制作サイドからは、26日の放送で謝罪文を流すという提示がありましたが、その内容に誤解を招くような表現があったので考え直してくださいと申し上げました。私は、バラエティー番組にある“誰か貶めて笑いを取る”手法は理解しているつもりだし、私自身、イジってもらってナンボという気持ちもあります。ただ、今回は私のパーソナリティーを全く無視したもので到底、受け入れがたい。しかも、この騒動で扱いづらい人間だとか、トラブルメーカー扱いされかねない。もうホトホト疲れました」

 同番組の制作には、BPO(放送倫理・番組向上機構)で「重大な放送倫理違反」があると判断され、打ち切りとなったフジテレビ系バラエティー「ほこ×たて」の演出を行った制作プロダクションが関わっている。

 TBSはどんな対応をとるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  3. 3

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  6. 6

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  9. 9

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

  10. 10

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

もっと見る