• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

TBSヤラセ疑惑 “告発”の池袋絵意知氏「ホトホト疲れた」

 日曜夜のTBS系バラエティー「珍種目№1は誰だ!? ピラミッド・ダービー」(6月19日放送回)のヤラセ疑惑が波紋を広げている件。知れ渡るようになったのは、顔相鑑定士の池袋絵意知氏が、自身のブログで〈テレビの裏側全部暴露します【編集ではなく捏造】〉(22日付)と題し“告発”したからだ。

 同氏によると、入れ替わった双子を区別するコーナーに解答者として出演したが、収録では正解していたにもかかわらず、オンエアでは不正解扱いにされ、番組途中からCGで姿を消されてしまったというのだ。

 制作サイドからの申し出により、番組プロデューサー2人と26日に面談。直接謝罪を受けたという池袋氏は、現在の心境をこう吐露する。

「制作サイドからは、26日の放送で謝罪文を流すという提示がありましたが、その内容に誤解を招くような表現があったので考え直してくださいと申し上げました。私は、バラエティー番組にある“誰か貶めて笑いを取る”手法は理解しているつもりだし、私自身、イジってもらってナンボという気持ちもあります。ただ、今回は私のパーソナリティーを全く無視したもので到底、受け入れがたい。しかも、この騒動で扱いづらい人間だとか、トラブルメーカー扱いされかねない。もうホトホト疲れました」

 同番組の制作には、BPO(放送倫理・番組向上機構)で「重大な放送倫理違反」があると判断され、打ち切りとなったフジテレビ系バラエティー「ほこ×たて」の演出を行った制作プロダクションが関わっている。

 TBSはどんな対応をとるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  3. 3

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  4. 4

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  7. 7

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

もっと見る