日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ビビットで赤っ恥 国分太一が「猶予」を読めず視聴者ア然

 TOKIOの国分太一(41)が14日朝の情報番組「白熱ライブ ビビット」(TBS系)で、赤っ恥をかいたと話題だ。

 番組では、東京都の舛添知事の進退問題について特集。司会を務める国分は、都議会の集中審議で舛添知事の口から飛び出した「リオのとき選挙するのは極めてマイナス。どうか少しの猶予をいただきたい」という発言を読み上げようとした。

 ところが、「どうか少しの」までを言い終えたところで、続く「猶予」の漢字を、「よ……『よち』をいただきたい」とまさかの誤読。同じく司会を務める女優の真矢みき(52)から、すかさず「ゆうよ」と読み方を教えられると、国分は「『ゆうよ』をいただきたい」と言い直した。

 ネット上には国分の読み間違えに驚く視聴者の声が続々。<マジか…引いたわ><ほんと笑えなかった…固まってしまった>といった書き込みや、<フリガナふっておいてやれよ>という“助言”があふれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事