TBS「金スマ」で謝罪も…他局の反感買ったベッキーの誤算

公開日:  更新日:

「ゲスの極み乙女。」のボーカル、川谷絵音(27)との不倫スキャンダルでタレント活動を休業していたベッキー(32)が芸能界に復帰した。13日に放送された「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(TBS系)に出演して不倫騒動について謝罪した。これで一連の不倫スキャンダルのミソギを果たしたということだろうが、そうは問屋が卸さない――。

 業界関係者が口を揃えるのは番組に出る前に、まず、記者会見を開いて不倫についての謝罪をするのが優先ということ。

「ベッキーは週刊文春にスクープされた際、会見で不倫関係については否定しています。問題なのはファンはもとよりスポンサーや番組スタッフに嘘を言ったということなんです。まずはこのことに対し、会見を開いて謝罪しないといけない。一度しっかりと謝れば、反ベッキー騒動も収まるのに、それをしないで『週刊文春』に手紙を出して次は『金スマ』出演。それで川谷の奥さんには謝罪したと開き直っていたら誰も納得しない」(ワイドショー関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る