ギャラも格安か…ベッキーに年末年始特番でTV復帰情報

公開日:  更新日:

 ロックバンド「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音との不倫騒動からいまだ立ち直れず、開店休業のような状態が続くベッキー(32)が、ついに本格復帰に向けて動きだした。9月29日、新聞に掲載された出版社「宝島社」の広告で、一糸まとわぬ上半身ヌードの後ろ姿を披露、ロングヘアをバッサリと切ったのは、過去の自分に決別するといった意味が込められているとか。

「これ以外に、手で胸元を隠す手ブラショットもあったけど、あまりに官能的だったため、お蔵入りになった」(広告代理店関係者)

 掲載当日、所属事務所のマネジャーのある行動も噂になっている。なんと新聞の束を抱え、各局の番組プロデューサーの元を訪ねて配り、局内行脚していたとか。「『お世話になります』と言いながら配る姿を見て思わず胸が熱くなった」とはさる関係者だ。

 ただ、テレビ復帰はというと――。10月1日スタートのラジオ番組「ミッドナイト・ダイバーシティー」のレギュラーを掴んだのがやっと。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  8. 8

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

もっと見る