背中ヌードで出直しも ベッキーを待ち受ける“年末の試練”

公開日:  更新日:

 29日付の日本経済新聞朝刊に掲載された出版社「宝島社」の全面広告が話題だ。トレードマークだったロングヘアをバッサリ切ったベッキー(32)の上半身ヌード写真が掲載。「あたらしい服を、さがそう。」の文字と共に美しい背中を披露している。事務所関係者によれば、「撮影は8月中旬。ここまで髪を短くしたことはないのではないか」というから、まさに裸一貫からの再出発といえる。

 今年1月、「ゲスの極み乙女。」川谷絵音(27)との不倫騒動が発覚し、その後は坂道を転がり落ちるようにテレビの人気者の座を追われたベッキー。この一件で、好感度と清潔感は一瞬にして崩れ去り、レギュラー番組やCMはすべて降板。芸能活動休止を余儀なくされた。

 今年5月に仕事復帰し、9月にはNHKでナレーション出演。10月からはラジオのレギュラー番組が始まるだけに、今回の“ヌード広告”が本格復帰ののろしとなるのか。作家でアイドル評論家の中森明夫氏はこういう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る