• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

第2、第3のベッキーも? 裁判所が認める不倫LINEの集め方

 今年ほど不倫が話題になる年もない。とにかく明るい安村(34)、ファンモン加藤(37)に続き、女優小倉優子(32)の夫(45)が、妻の所属事務所の後輩アイドル(25)に手を出した。3組に1組が離婚する今、相手の不貞は珍しくないが、ベッキー(32)と“ゲス川谷”(27)のように、LINEを中心としたSNSで不倫がバレるケースは今後も増えていきそうだ。

 少し前までだと、「電子データは改ざんの恐れがある」として裁判所はSNSのデータを証拠認定しないケースもあったが、今はそうでもないという。では、妻の不貞に気付いたら、どうやってLINEなどのデータを集めればいいか。

 男女問題研究家・山崎世美子氏が言う。

「まずは妻が寝ているすきに指を借りてスマホの指紋認証をパスします。LINEのアプリを開いたら、肉体関係や密会などを連想させるやりとりの部分を自分のスマホのカメラで撮影。そういう部分が多いときは、『トーク設定』→『トーク履歴をバックアップ』→『テキストでバックアップ』を指定すると、保存先のアプリが表示されます。メールで自分の会社のアドレスを指定すると、やりとりのすべてがテキストファイルで届く。そこにはやりとりされた時間、氏名とともに内容が記録されるので、裁判所も証拠認定しやすい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る