第2、第3のベッキーも? 裁判所が認める不倫LINEの集め方

公開日:  更新日:

 今年ほど不倫が話題になる年もない。とにかく明るい安村(34)、ファンモン加藤(37)に続き、女優小倉優子(32)の夫(45)が、妻の所属事務所の後輩アイドル(25)に手を出した。3組に1組が離婚する今、相手の不貞は珍しくないが、ベッキー(32)と“ゲス川谷”(27)のように、LINEを中心としたSNSで不倫がバレるケースは今後も増えていきそうだ。

 少し前までだと、「電子データは改ざんの恐れがある」として裁判所はSNSのデータを証拠認定しないケースもあったが、今はそうでもないという。では、妻の不貞に気付いたら、どうやってLINEなどのデータを集めればいいか。

 男女問題研究家・山崎世美子氏が言う。

「まずは妻が寝ているすきに指を借りてスマホの指紋認証をパスします。LINEのアプリを開いたら、肉体関係や密会などを連想させるやりとりの部分を自分のスマホのカメラで撮影。そういう部分が多いときは、『トーク設定』→『トーク履歴をバックアップ』→『テキストでバックアップ』を指定すると、保存先のアプリが表示されます。メールで自分の会社のアドレスを指定すると、やりとりのすべてがテキストファイルで届く。そこにはやりとりされた時間、氏名とともに内容が記録されるので、裁判所も証拠認定しやすい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る