第2、第3のベッキーも? 裁判所が認める不倫LINEの集め方

公開日: 更新日:

 今年ほど不倫が話題になる年もない。とにかく明るい安村(34)、ファンモン加藤(37)に続き、女優小倉優子(32)の夫(45)が、妻の所属事務所の後輩アイドル(25)に手を出した。3組に1組が離婚する今、相手の不貞は珍しくないが、ベッキー(32)と“ゲス川谷”(27)のように、LINEを中心としたSNSで不倫がバレるケースは今後も増えていきそうだ。

 少し前までだと、「電子データは改ざんの恐れがある」として裁判所はSNSのデータを証拠認定しないケースもあったが、今はそうでもないという。では、妻の不貞に気付いたら、どうやってLINEなどのデータを集めればいいか。

 男女問題研究家・山崎世美子氏が言う。

「まずは妻が寝ているすきに指を借りてスマホの指紋認証をパスします。LINEのアプリを開いたら、肉体関係や密会などを連想させるやりとりの部分を自分のスマホのカメラで撮影。そういう部分が多いときは、『トーク設定』→『トーク履歴をバックアップ』→『テキストでバックアップ』を指定すると、保存先のアプリが表示されます。メールで自分の会社のアドレスを指定すると、やりとりのすべてがテキストファイルで届く。そこにはやりとりされた時間、氏名とともに内容が記録されるので、裁判所も証拠認定しやすい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  2. 2

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  3. 3

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  4. 4

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

  5. 5

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  6. 6

    織田信成がモラハラで提訴 “関大の女帝”のもうひとつの顔

  7. 7

    桜招待のジャパンライフ“残党” 別の悪徳商法で名簿流用か

  8. 8

    ザギトワ最下位で証明されたロシア女子の恐るべき“早熟”

  9. 9

    元SMAPの3人に吉報 年末年始特番で地上波完全復帰か

  10. 10

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る