• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「先輩方、評論家…誰も今の僕を想像しなかったでしょう」

三遊亭白鳥(左)と吉川潮/(C)日刊ゲンダイ

 二つ目になって芸名を新潟と漢字に変えたが、寄席で自作の新作落語がまるで受けない。

「なんとかして受けたい、目立ちたい、と気ばかり焦って、鈴本演芸場に出演した際、ネタの中でパンダのお面をかぶったんです。それが席亭の怒りに触れて、出入り止めになりました…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事