番組最高視聴率を更新「ポツンと一軒家」快進撃のワケ

公開日: 更新日:

 19日放送の「ポツンと一軒家」(テレビ朝日系)が番組歴代最高視聴率の19.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)を記録した。

 衛星写真だけを手がかりに、人里離れた場所にポツンと存在する一軒家を訪ね、どんな人がどんな理由で暮らしているのかを調査。その人生観にまで迫るバラエティー番組だ。

 昨年10月のレギュラー化以降、視聴率はうなぎ上り。

 鉄壁といわれていた日本テレビ系「世界の果てまでイッテQ!」の牙城を脅かし、今年2月24日には16.4%で単独トップに。

 さらに5月に入り、5日、12日と連続で17.7%を記録、ついにこの日を迎えた。

「NHKの大河『いだてん』のあんまりな内容にこれまでの大河ファンが鞍替えし、中高年の視聴者が流れてきたというのがひとつ。視聴者は日本人初の五輪選手の話より山の中に暮らすちょっと変わった人(?)の暮らしぶりや人生に興味があるということでは? 『人生の楽園』(テレ朝系)も同じですが、視聴者の興味がセカンドライフをいかに生きるかということにシフトしているのではないか。さらに、『イッテQ』(同日16.9%)はお祭り捏造疑惑、テレビ東京系『池の水ぜんぶ抜く大作戦』(同日6.8%)は在来種大量死疑惑などが報じられ、2番組とも視聴者の信頼を失った感があるのも関係しているのではないか」(テレビウオッチャー)

 天下国家の英雄よりも名もなき市井の話が見たい――視聴者のニーズはとっくに変わった!?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  2. 2

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  3. 3

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  4. 4

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  5. 5

    悪徳マルチ元会長逮捕で安倍前首相が国会で“球拾い”する日

  6. 6

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  7. 7

    宝くじ億万長者の2人…同じ数字の組み合わせを20年間継続

  8. 8

    「集団就職」の真偽を問いただすと口調が興奮気味に一変

  9. 9

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  10. 10

    テレ朝がすがる沢口靖子 米倉失速で“新・ドラマの女王”に

もっと見る