番組最高視聴率を更新「ポツンと一軒家」快進撃のワケ

公開日: 更新日:

 19日放送の「ポツンと一軒家」(テレビ朝日系)が番組歴代最高視聴率の19.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)を記録した。

 衛星写真だけを手がかりに、人里離れた場所にポツンと存在する一軒家を訪ね、どんな人がどんな理由で暮らしているのかを調査。その人生観にまで迫るバラエティー番組だ。

 昨年10月のレギュラー化以降、視聴率はうなぎ上り。

 鉄壁といわれていた日本テレビ系「世界の果てまでイッテQ!」の牙城を脅かし、今年2月24日には16.4%で単独トップに。

 さらに5月に入り、5日、12日と連続で17.7%を記録、ついにこの日を迎えた。

「NHKの大河『いだてん』のあんまりな内容にこれまでの大河ファンが鞍替えし、中高年の視聴者が流れてきたというのがひとつ。視聴者は日本人初の五輪選手の話より山の中に暮らすちょっと変わった人(?)の暮らしぶりや人生に興味があるということでは? 『人生の楽園』(テレ朝系)も同じですが、視聴者の興味がセカンドライフをいかに生きるかということにシフトしているのではないか。さらに、『イッテQ』(同日16.9%)はお祭り捏造疑惑、テレビ東京系『池の水ぜんぶ抜く大作戦』(同日6.8%)は在来種大量死疑惑などが報じられ、2番組とも視聴者の信頼を失った感があるのも関係しているのではないか」(テレビウオッチャー)

 天下国家の英雄よりも名もなき市井の話が見たい――視聴者のニーズはとっくに変わった!?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    シートベルト着用が致命傷の盲点に…後部座席の警察官が内臓破裂で死亡

    シートベルト着用が致命傷の盲点に…後部座席の警察官が内臓破裂で死亡

  2. 2
    「眞子さまの乱」(20年11月)は国民の常識の一歩も二歩も前を行っていた

    「眞子さまの乱」(20年11月)は国民の常識の一歩も二歩も前を行っていた

  3. 3
    日テレ「笑点」林家三平にメスは入るか 加入から5年目でもキャラを確立できず

    日テレ「笑点」林家三平にメスは入るか 加入から5年目でもキャラを確立できず

  4. 4
    巨人また赤っ恥! 陽岱鋼「5年15億円」の破格契約が切れた途端にトンズラ退団

    巨人また赤っ恥! 陽岱鋼「5年15億円」の破格契約が切れた途端にトンズラ退団

  5. 5
    “陽岱鋼ショック”に揺れる原巨人 日本ハム自由契約の大田泰示「出戻り実現」の可能性はビミョー

    “陽岱鋼ショック”に揺れる原巨人 日本ハム自由契約の大田泰示「出戻り実現」の可能性はビミョー

もっと見る

  1. 6
    だれ?だれ?NHK紅白出場者の名前を聞いてもわからない…

    だれ?だれ?NHK紅白出場者の名前を聞いてもわからない…

  2. 7
    TBS日曜劇場「日本沈没」はフシギなドラマ 陳腐な内容なのに視聴率は好調

    TBS日曜劇場「日本沈没」はフシギなドラマ 陳腐な内容なのに視聴率は好調

  3. 8
    “唯一無二”の段田安則はドラマに引っ張りだこ! 岸田総理そっくりでも支持率は高い

    “唯一無二”の段田安則はドラマに引っ張りだこ! 岸田総理そっくりでも支持率は高い

  4. 9
    グラドル森咲智美さん「旅行にもいけないので逆張りで航空会社と鉄道会社の株式を購入しました!」

    グラドル森咲智美さん「旅行にもいけないので逆張りで航空会社と鉄道会社の株式を購入しました!」

  5. 10
    ひろゆきも指摘!10万円給付うち5万円分クーポンで…「事務費1200億円」に膨張の愚

    ひろゆきも指摘!10万円給付うち5万円分クーポンで…「事務費1200億円」に膨張の愚