桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

「イッテQ」失速で激戦に…“日曜8時戦争”の行方はどうなる

公開日: 更新日:

 ヤラセ疑惑とNEWS手越のスキャンダル(!?)で、すっかりミソがついた日本テレビ系「世界の果てまでイッテQ!」。ヤラセ疑惑についてはBPOの審議入りになり、宮川大輔の祭り企画も当面は休止となった。これまで「笑点」「真相報道バンキシャ!」「ザ!鉄腕!DASH!!」「イッテQ」「行列のできる法律相談所」と夕方から夜まで、日曜は日テレの番組が圧倒的に強く鉄壁の布陣といわれたが、TOKIO山口問題の「鉄腕DASH」、今回の「イッテQ」で客離れが進んで、ついにその牙城も揺らぎつつあり、他局もこのチャンスを逃してなるものかと必死。平成最後の日曜8時、略して「日8戦争」の行方はいかに。

■NHK「いだてん」が盛り返すか

 まずはNHK大河「いだてん」。

 ご存じ、宮藤官九郎による脚本で、前半は日本で最初に五輪に出場したマラソンランナー金栗四三(中村勘九郎)が主役。近現代史を扱った異色のドラマということで、好みは分かれるだろうが、面白大河であることは間違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  5. 5

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  6. 6

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  7. 7

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  8. 8

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  9. 9

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  10. 10

    衆院沖縄3区補選 屋良朝博氏の勝利に敢えて水を差す

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る