桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

「イッテQ」失速で激戦に…“日曜8時戦争”の行方はどうなる

公開日: 更新日:

 ヤラセ疑惑とNEWS手越のスキャンダル(!?)で、すっかりミソがついた日本テレビ系「世界の果てまでイッテQ!」。ヤラセ疑惑についてはBPOの審議入りになり、宮川大輔の祭り企画も当面は休止となった。これまで「笑点」「真相報道バンキシャ!」「ザ!鉄腕!DASH!!」「イッテQ」「行列のできる法律相談所」と夕方から夜まで、日曜は日テレの番組が圧倒的に強く鉄壁の布陣といわれたが、TOKIO山口問題の「鉄腕DASH」、今回の「イッテQ」で客離れが進んで、ついにその牙城も揺らぎつつあり、他局もこのチャンスを逃してなるものかと必死。平成最後の日曜8時、略して「日8戦争」の行方はいかに。

■NHK「いだてん」が盛り返すか

 まずはNHK大河「いだてん」。

 ご存じ、宮藤官九郎による脚本で、前半は日本で最初に五輪に出場したマラソンランナー金栗四三(中村勘九郎)が主役。近現代史を扱った異色のドラマということで、好みは分かれるだろうが、面白大河であることは間違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  3. 3

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  4. 4

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  5. 5

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    新型コロナ直撃でもトヨタは黒字確保 利益はどう捻出した

もっと見る