小松純也
著者のコラム一覧
小松純也プロデューサー

1967年、兵庫県西宮市生まれ。京都大学文学部在学中、「劇団そとばこまち」に在籍。卒業後、フジテレビ入社。19年3月、フジテレビを退社。現在、株式会社スチールヘッド代表取締役。共同テレビジョンのプロデューサーとして活動中。

「ぽつんと一軒家」はいい考え方 ヒットのカギは“好奇心”

公開日: 更新日:

【法則7】作り手の好奇心がすべて

「ダウンタウンのごっつええ感じ」や「笑う犬の冒険」など、多くの人気番組を手がけてきた、ヒットメーカーの小松純也(52)。一般的なプロデューサーとは、番組作りの手法が少し違う。

「本来、テレビマンって、流行を追い、視聴者の面白いという感覚に合わせてモノを作るものだと思います。それができる人が、本当のテレビマンです。でも、正直、僕は他人の感覚を借りてモノを作ることが得意じゃない。視聴者の求めているものと自分の感覚が合致すればいいんですけど、人は何を見たいのだろうと考えるより、自分が見たいものは何かを考えるほうが自分はやりやすい。だから、自分が面白いと思うものを作るようにしています」

 小松自身は制作に関わっていないが、テレビ朝日系列で放送されている「ポツンと一軒家」や、テレビ東京系列で放送されている「池の水ぜんぶ抜く」は面白く見ているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    滝クリ同居拒否は宣戦布告か?進次郎が怯える“嫁姑バトル”

  2. 2

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  3. 3

    三菱UFJ銀行vs三井住友銀行の給与 老後の蓄えは1億円以上

  4. 4

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  5. 5

    “報道キャスター”櫻井翔の評価急上昇 NHKと日テレで争奪戦

  6. 6

    コンクリートに7割消える「消費増税2兆円対策」のマヤカシ

  7. 7

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  8. 8

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  9. 9

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  10. 10

    花田美恵子さん<3>フライト中に貴乃花から食事に誘われて

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る