小松純也
著者のコラム一覧
小松純也プロデューサー

1967年、兵庫県西宮市生まれ。京都大学文学部在学中、「劇団そとばこまち」に在籍。卒業後、フジテレビ入社。19年3月、フジテレビを退社。現在、株式会社スチールヘッド代表取締役。共同テレビジョンのプロデューサーとして活動中。

「ぽつんと一軒家」はいい考え方 ヒットのカギは“好奇心”

公開日: 更新日:

【法則7】作り手の好奇心がすべて

ダウンタウンのごっつええ感じ」や「笑う犬の冒険」など、多くの人気番組を手がけてきた、ヒットメーカーの小松純也(52)。一般的なプロデューサーとは、番組作りの手法が少し違う。

「本来、テレビマンって、流行を追い、視聴者の面白いという感覚に合わせてモノを作るものだと思います。それができる人が、本当のテレビマンです。でも、正直、僕は他人の感覚を借りてモノを作ることが得意じゃない。視聴者の求めているものと自分の感覚が合致すればいいんですけど、人は何を見たいのだろうと考えるより、自分が見たいものは何かを考えるほうが自分はやりやすい。だから、自分が面白いと思うものを作るようにしています」

 小松自身は制作に関わっていないが、テレビ朝日系列で放送されている「ポツンと一軒家」や、テレビ東京系列で放送されている「池の水ぜんぶ抜く」は面白く見ているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  4. 4

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  5. 5

    コンサル派遣で病院支援…官民ファンド“焼け太り”の裏事情

  6. 6

    石田純一「法的手段も考えている」の裏に理子夫人への鬱積

  7. 7

    マスクが着用できない自閉症児を搭乗拒否…航空会社に賛否

  8. 8

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  9. 9

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  10. 10

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

もっと見る