ネットでは批判噴出…料金半額「楽天でんわ」は成功するか?

公開日:  更新日:

 楽天の巻き返しなるか。楽天グループの「フュージョン・コミュニケーションズ」が5日、「楽天でんわ」サービスを開始した。専用のアプリをダウンロードすれば、カンタンに使用でき、スマホの通話料金が、携帯大手3社の半額になるという。電話番号を変える必要はない。

 本業の「eコマース」でライバルに急追されている楽天にとって「楽天でんわ」は、収益拡大の切り札だという。

「インターネット通販のeコマースでトップの楽天は、ヤフーやアマゾンに牙城を切り崩されつつあります。2位のヤフーは、オークションの出品料無料や出店料の無料化で業者を囲い込んだ。パソコンだけではなく『スマホでショッピング』も確立しています。3位のアマゾンは本やCD販売のイメージが強いですが、掃除機や衣類などの品揃えが豊富になり、まとめ買いされている。このままでは、楽天は、ライバル2社に抜かれかねません」(ITジャーナリストの井上トシユキ氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  9. 9

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る