センバツに衝撃 文武両道“偏差値70”松山東のユニーク教育

公開日: 更新日:

「文経武緯」をモットーに、折り紙付きの知力をフル活用して部活動にも熱心に取り組んでいる。

 下校時間を順守するため、野球部の練習時間は2~3時間ほど。時間のハンディは徹底的に集中力を鍛えることで補う。内野ほどの小さなスペースに打席を3カ所つくり、マシンから放たれる140キロの速球をバックネットに向かって打つ。しかも、各自に与えられるのはたった10球。

■“地頭”を強くするマニフェスト

 偏差値は70。進学率はほぼ100%。十数年前からは「東高マニフェスト」を作成。数値目標をしっかり打ち出していて、その内容もユニークだ。

「難関大学合格者の増加」あたりは進学校にありがちだが、「運動部・文化部活動の活性化」では全国大会などの出場数をしっかり掲げ、「読書量の増加」では年間読書冊数2万冊超を目指す。受験や部活に追われる生徒にとって決して甘くない数字だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  2. 2

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  3. 3

    「山健組」の弱体化を招いた元ナンバー3への“絶縁処分”

  4. 4

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

  5. 5

    「桜を見る会」悪徳マルチ跋扈を許した経産OBと官邸の黒幕

  6. 6

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  7. 7

    ゴルフ石川遼が28歳で10億円も…野球とは稼ぎで“雲泥の差”

  8. 8

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  9. 9

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  10. 10

    「馬毛島」を防衛省に売却 86歳老経営者の14年の“粘り腰”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る