センバツに衝撃 文武両道“偏差値70”松山東のユニーク教育

公開日: 更新日:

「文経武緯」をモットーに、折り紙付きの知力をフル活用して部活動にも熱心に取り組んでいる。

 下校時間を順守するため、野球部の練習時間は2~3時間ほど。時間のハンディは徹底的に集中力を鍛えることで補う。内野ほどの小さなスペースに打席を3カ所つくり、マシンから放たれる140キロの速球をバックネットに向かって打つ。しかも、各自に与えられるのはたった10球。

■“地頭”を強くするマニフェスト

 偏差値は70。進学率はほぼ100%。十数年前からは「東高マニフェスト」を作成。数値目標をしっかり打ち出していて、その内容もユニークだ。

「難関大学合格者の増加」あたりは進学校にありがちだが、「運動部・文化部活動の活性化」では全国大会などの出場数をしっかり掲げ、「読書量の増加」では年間読書冊数2万冊超を目指す。受験や部活に追われる生徒にとって決して甘くない数字だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  2. 2

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  3. 3

    案里議員認めた1億5000万円「安倍マネー」を原資に不正か

  4. 4

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  5. 5

    夫婦別姓「結婚しなくていい」ヤジはやはり杉田水脈議員

  6. 6

    職場仲間である辛坊治郎のパワハラ疑惑について言いたい

  7. 7

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  8. 8

    安倍首相の墓穴答弁で判明 桜名簿「確実に存在する」根拠

  9. 9

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  10. 10

    立憲と国民は児童会か 合流破談で完全に国民に見放される

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る