二松学舎を撃破の松山東 「偏差値70」データ分析部隊の正体

公開日: 更新日:

 偏差値70の超進学校が強豪校を粉砕した。

 センバツ5日目第3試合、21世紀枠の松山東(愛媛)が、甲子園春夏通算6回出場の二松学舎大付(東京)を5-4で撃破する番狂わせ。16三振を喫しながらも、七回に勝ち越した。

 堀内監督は「夢の世界が現実になった気持ち」と興奮を隠しきれなかったが、松山東の勝利は決してフロックではなかった。「9番・二塁」で先発出場した松下洸葵選手(3年)が、「ベンチに入っていないメンバーがデータ班として分析をしてくれたおかげです」とこう言うのだ。

「二松学舎大付が出場した昨夏の甲子園大会をビデオで分析し、投手の傾向や配球、各打者は何球目から振ってきて打球がどこに飛ぶ傾向があるのかなどを、すべてデータ化してくれたんです。それをB4のプリントの両面にびっしり書いて、数日前にメンバーに配ってくれた。そうしたら、昨日はその改訂版が配られたんです(笑い)。僕も守りやすかったですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  2. 2

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  3. 3

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  4. 4

    案里議員認めた1億5000万円「安倍マネー」を原資に不正か

  5. 5

    夫婦別姓「結婚しなくていい」ヤジはやはり杉田水脈議員

  6. 6

    職場仲間である辛坊治郎のパワハラ疑惑について言いたい

  7. 7

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  8. 8

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  9. 9

    安倍首相の墓穴答弁で判明 桜名簿「確実に存在する」根拠

  10. 10

    ベトナムに続きハワイへ…“優柔不断”櫻井翔の見えぬゴール

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る