二松学舎を撃破の松山東 「偏差値70」データ分析部隊の正体

公開日:  更新日:

 偏差値70の超進学校が強豪校を粉砕した。

 センバツ5日目第3試合、21世紀枠の松山東(愛媛)が、甲子園春夏通算6回出場の二松学舎大付(東京)を5-4で撃破する番狂わせ。16三振を喫しながらも、七回に勝ち越した。

 堀内監督は「夢の世界が現実になった気持ち」と興奮を隠しきれなかったが、松山東の勝利は決してフロックではなかった。「9番・二塁」で先発出場した松下洸葵選手(3年)が、「ベンチに入っていないメンバーがデータ班として分析をしてくれたおかげです」とこう言うのだ。

「二松学舎大付が出場した昨夏の甲子園大会をビデオで分析し、投手の傾向や配球、各打者は何球目から振ってきて打球がどこに飛ぶ傾向があるのかなどを、すべてデータ化してくれたんです。それをB4のプリントの両面にびっしり書いて、数日前にメンバーに配ってくれた。そうしたら、昨日はその改訂版が配られたんです(笑い)。僕も守りやすかったですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

もっと見る