• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

二松学舎を撃破の松山東 「偏差値70」データ分析部隊の正体

 偏差値70の超進学校が強豪校を粉砕した。

 センバツ5日目第3試合、21世紀枠の松山東(愛媛)が、甲子園春夏通算6回出場の二松学舎大付(東京)を5-4で撃破する番狂わせ。16三振を喫しながらも、七回に勝ち越した。

 堀内監督は「夢の世界が現実になった気持ち」と興奮を隠しきれなかったが、松山東の勝利は決してフロックではなかった。「9番・二塁」で先発出場した松下洸葵選手(3年)が、「ベンチに入っていないメンバーがデータ班として分析をしてくれたおかげです」とこう言うのだ。

「二松学舎大付が出場した昨夏の甲子園大会をビデオで分析し、投手の傾向や配球、各打者は何球目から振ってきて打球がどこに飛ぶ傾向があるのかなどを、すべてデータ化してくれたんです。それをB4のプリントの両面にびっしり書いて、数日前にメンバーに配ってくれた。そうしたら、昨日はその改訂版が配られたんです(笑い)。僕も守りやすかったですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  5. 5

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  6. 6

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  7. 7

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  8. 8

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る