他校にも定着 健大高崎・青柳監督が掲げる「機動破壊」の真実

公開日:  更新日:

 もはや高校球界のトレンドと言ってもいい。29日に天理戦を迎える健大高崎(群馬)が掲げるのが「機動破壊」だ。昨夏の甲子園では大会記録の29に迫る26盗塁をマーク。今大会では常総学院が1回戦で2人がそれぞれ5盗塁するなど影響力は大きい。青柳博文監督(42)が言う。

「野球は変わっていくものですからね。それこそ、10年ぐらいのスパンではやり廃りはあると思います。10年前に流行していた作戦が、今再びメジャーになることもある。ウチが機動力を重視するようになったのは3年前です。そこから手探りでやってきました。当時から、ウチの(低学年中心の)Bチームでは機動力を使った野球をしていたので、それなりにチームに浸透はしていましたよ」

 足の遅い部員は試合に出られないのか。

「次の塁を狙うという意欲がない子はダメですね。でも、足が速くない子にまで盗塁をしろ、とは言わない。それでも出塁したら大きめのリードを取るなどして投手の集中力を削ぐことはできます。その場合は帰塁の練習をさせています。それに多少の足の遅さなら、スタート次第では1メートルの距離は稼げる。大事なのは決断力ですよ。まあ、最近はウチの評判を知ったのか、俊足の子が多く入部してくれていますけどね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  2. 2

    金銭より年数で…FA浅村の楽天入りは“ゆとり世代”ならでは

  3. 3

    特捜部を待つゴーンの徹底抗戦 “人質司法”には絶対屈しない

  4. 4

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  5. 5

    清水国明は68歳で第5子 芸能界“高齢パパ”の気になる共通項

  6. 6

    先輩2人が大減俸…オリFA西「2度目の交渉」は別れの挨拶か

  7. 7

    提示は5億円減 オリ金子「自由契約ある」で巨人入り怪情報

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  10. 10

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

もっと見る