他校にも定着 健大高崎・青柳監督が掲げる「機動破壊」の真実

公開日: 更新日:

 もはや高校球界のトレンドと言ってもいい。29日に天理戦を迎える健大高崎(群馬)が掲げるのが「機動破壊」だ。昨夏の甲子園では大会記録の29に迫る26盗塁をマーク。今大会では常総学院が1回戦で2人がそれぞれ5盗塁するなど影響力は大きい。青柳博文監督(42)が言う。

野球は変わっていくものですからね。それこそ、10年ぐらいのスパンではやり廃りはあると思います。10年前に流行していた作戦が、今再びメジャーになることもある。ウチが機動力を重視するようになったのは3年前です。そこから手探りでやってきました。当時から、ウチの(低学年中心の)Bチームでは機動力を使った野球をしていたので、それなりにチームに浸透はしていましたよ」

 足の遅い部員は試合に出られないのか。

「次の塁を狙うという意欲がない子はダメですね。でも、足が速くない子にまで盗塁をしろ、とは言わない。それでも出塁したら大きめのリードを取るなどして投手の集中力を削ぐことはできます。その場合は帰塁の練習をさせています。それに多少の足の遅さなら、スタート次第では1メートルの距離は稼げる。大事なのは決断力ですよ。まあ、最近はウチの評判を知ったのか、俊足の子が多く入部してくれていますけどね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  3. 3

    小室哲哉カネと女で晩節汚し…推定資産1000億円からの転落

  4. 4

    落合監督の「虫けらノック」で井端、荒木、森野は成長した

  5. 5

    ホリエモンがひろゆきに絶縁宣言 2人の対談連載は終了か?

  6. 6

    小池知事「4都県 2週間延長」巡り3知事を“騙し討ち”の姑息

  7. 7

    久美子氏が「従業員持株会」に宛てた“圧力”メールの中身

  8. 8

    落合監督は首脳陣と選手の食事会場を分け酒の差し入れも

  9. 9

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  10. 10

    総務省に新疑惑!東北新社に「脱法スキーム」指南の可能性

もっと見る