日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

進学校で偏差値70 松山東の監督が明かすチーム強化の工夫

 OBには大江健三郎や伊丹十三らがいる。偏差値70の進学校にして、昨夏、昨秋と県大会の決勝に進出。四国大会にも駒を進め、21世紀枠ながら甲子園に出場した。専用グラウンドもなく、練習時間も制限された進学校がいかにして強くなったのか。堀内準一監督(48)に話を聞いた。

――強豪校と比べて設備や環境で劣る中、野球部はなぜ強くなったのですか。

「それは伝統でしょうね。ウチは昨日今日、強くなったチームではありません。以前から時々、県ベスト4や8には入っていました。どこかでチャンスがあれば、という思いでやってきましたからね。卒業した去年の3年生は本気で甲子園を狙っていました。それだけの能力があって『文武両道を実践する!』という意地もあった子たちです。その流れがあるのは間違いないでしょう」

――練習も工夫しながらやっているのですか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事