得意分野生かし「デモ班」「映像班」「デザイン班」が巧みな連携

公開日:  更新日:

 国会前と官邸周辺に延べ7万人(主催者発表)が結集した24日、SEALDs(シールズ)主催の国会前集会には身動きが出来ないほどの人が詰めかけた。ライトに照らされたミニステージでマイクを握っていたのは、シールズの中心的メンバーの紅子さんと福田和香子さんと本間信和さん。

「国民、舐めんな! 勝手に決めるな!」

「安倍晋三から日本を守れ!」

「戦争したがる総理は辞めろ!」

 リズミカルなドラムに合わせたコールが響きわたると、若者たちが一斉に呼応する。周囲には「本当に止める」などと描かれたカラフルなプラカードが並び、コールと共に揺れ動いていく。まるで音楽ライブに参加したかのような雰囲気だった。

 デモの定番のシュプレヒコールをリズミカルなラップ風のコールに置き換えることで、「政治的集会参加」という高いハードルを一気に下げたのがシールズ流だ。シールズがSASPL(特定秘密保護法に反対する学生有志の会)だった頃から彼らを脇で見てきた横浜国立大学講師の渡辺雅之氏は、こう話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る