日本シリーズの裏で…ソフトB球団職員が散らす激しい火花

公開日: 更新日:

 日本シリーズの裏で、ソフトバンクにチーム内紛争が勃発だ。
 甲子園に乗り込み、チーム一丸となって阪神戦に臨むナイン。だがその一方で、球団職員同士が火花を散らしているという。

 ある球団OBが言う。
「ソフトバンクの球団職員は南海、ダイエー時代からの流れをくむ福岡組と、東京からの本社出向組に分かれている。この両者の折り合いが良くない。近年は孫オーナーの肝いりで球団に出向してくる者が増え、球団の要職に就くこともしばしば。しかし、チームや地元の実情に暗いものだから、トンチンカンなことを言い出すことも珍しくない。年々本社の影響力が強くなっているので、出向組は増えることはあれ、減ることはないだろう」

 付け焼き刃の知識で「博多っ子でござい」と振る舞っていた出向社員が東京出身とバレて、古株の球団職員に怒鳴られた揚げ句、「アイツは信用ならん」と言いふらされたこともあるほど。それほど両者の溝が大きいのだ。阪神に惨敗しようものなら、孫オーナーはいよいよ球団のすべてを掌握しようとするだろう。日本一を勝ち取って満足させれば、干渉は少なくて済む。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  6. 6

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  7. 7

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  8. 8

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  9. 9

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  10. 10

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

もっと見る