日本シリーズの裏で…ソフトB球団職員が散らす激しい火花

公開日: 更新日:

 日本シリーズの裏で、ソフトバンクにチーム内紛争が勃発だ。
 甲子園に乗り込み、チーム一丸となって阪神戦に臨むナイン。だがその一方で、球団職員同士が火花を散らしているという。

 ある球団OBが言う。
「ソフトバンクの球団職員は南海、ダイエー時代からの流れをくむ福岡組と、東京からの本社出向組に分かれている。この両者の折り合いが良くない。近年は孫オーナーの肝いりで球団に出向してくる者が増え、球団の要職に就くこともしばしば。しかし、チームや地元の実情に暗いものだから、トンチンカンなことを言い出すことも珍しくない。年々本社の影響力が強くなっているので、出向組は増えることはあれ、減ることはないだろう」

 付け焼き刃の知識で「博多っ子でござい」と振る舞っていた出向社員が東京出身とバレて、古株の球団職員に怒鳴られた揚げ句、「アイツは信用ならん」と言いふらされたこともあるほど。それほど両者の溝が大きいのだ。阪神に惨敗しようものなら、孫オーナーはいよいよ球団のすべてを掌握しようとするだろう。日本一を勝ち取って満足させれば、干渉は少なくて済む。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  5. 5

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  6. 6

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

  7. 7

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  8. 8

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  9. 9

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

  10. 10

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る