日本一でも“ニンジン”なしのソフトB ヤル気の源は「分配金」

公開日:  更新日:

 球団が出してくれないならNPBからもらえばいい――。そう言わんばかりに日本シリーズに向けて意気込んでいるのがソフトバンクナインだ。というのも、実は日本一になっても球団の「大盤振る舞い」は期待できない。あるOBが言う。

「ソフトバンクは10年オフから査定システムを変更した。過去の実績より、その年の成績を重視するというものです。しかし、これはあくまでシーズン中の成績のみ。ポストシーズンでいくら活躍しようと、査定には関係ないらしい。それに日本シリーズで勝っても球団からボーナスなどは出ないといいます。つまり、日本一でもCS敗退でも、球団が出すカネは同じなんです」

 ポストシーズンの成績を査定に含めない球団はソフトバンクに限らない。が、その場合は活躍に応じた報酬やチーム全体への褒賞金など、一時金が出るのが恒例。どちらもナシというのは珍しい。過去には川崎(現ブルージェイズ)がソフトバンクに在籍していた当時、「CSや日本シリーズも査定に入れるか、一時金を出して欲しい。選手のやる気が違う」と訴えたこともあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  2. 2

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  3. 3

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  4. 4

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  10. 10

    太郎ちゃんが「恥を知れ!」と叫んだ入管法改正は嘘ばかり

もっと見る