虎退治のソフトB武田翔太 二軍投手コーチが語る“潜在能力”

公開日: 更新日:

「初の日本シリーズ、初の甲子園? いやあ、緊張しました。緊張しているように見えなかった?かなり緊張してましたよ。途中から(この緊張感を)楽しもうと思って投げました」

 こう言いながらも、試合中から笑顔を崩さなかったのがソフトバンクの武田翔太(21)だ。

 1敗で迎えた日本シリーズ2戦目に先発し、阪神打線を五回まで完全に抑えた。六回に1点を失い、七回には無死一、二塁のピンチを招きながらも、ニコニコと投球。7回3安打1失点で勝利投手になった。

 秋山監督も「甲子園のファンの声援がすごい中で自分のピッチングができた。大変、素晴らしかった」と脱帽だ。

中日落合GMも大絶賛

 高卒1年目の12年に11試合で8勝(1敗)と鮮烈デビュー。当時評論家だった辛口の中日・落合GMにさえ、「武田はエースになれる」と太鼓判を押されたほどだ。が、昨季は右肩痛などの影響で4勝4敗。今季も同様の理由で出遅れ、8月に一軍復帰してから7試合で3勝3敗だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  3. 3

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  4. 4

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  5. 5

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  8. 7

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  9. 8

    久米宏は日本のテレビやラジオにまだ必要だ

  10. 9

    西村コロナ担当相がイラつき激高 “逆ギレ会見”に批判殺到

  11. 10

    安倍首相「自画自賛ウソ会見」と何も突っ込まないお粗末記者

もっと見る