虎退治のソフトB武田翔太 二軍投手コーチが語る“潜在能力”

公開日: 更新日:

「初の日本シリーズ、初の甲子園? いやあ、緊張しました。緊張しているように見えなかった?かなり緊張してましたよ。途中から(この緊張感を)楽しもうと思って投げました」

 こう言いながらも、試合中から笑顔を崩さなかったのがソフトバンクの武田翔太(21)だ。

 1敗で迎えた日本シリーズ2戦目に先発し、阪神打線を五回まで完全に抑えた。六回に1点を失い、七回には無死一、二塁のピンチを招きながらも、ニコニコと投球。7回3安打1失点で勝利投手になった。

 秋山監督も「甲子園のファンの声援がすごい中で自分のピッチングができた。大変、素晴らしかった」と脱帽だ。

■中日落合GMも大絶賛

 高卒1年目の12年に11試合で8勝(1敗)と鮮烈デビュー。当時評論家だった辛口の中日・落合GMにさえ、「武田はエースになれる」と太鼓判を押されたほどだ。が、昨季は右肩痛などの影響で4勝4敗。今季も同様の理由で出遅れ、8月に一軍復帰してから7試合で3勝3敗だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  6. 6

    会長の「終身雇用守れぬ」発言に隠された経団連の“本音”

  7. 7

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  8. 8

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  9. 9

    衆院沖縄3区補選 屋良朝博氏の勝利に敢えて水を差す

  10. 10

    先物が最高値 GW10連休を襲うガソリン髙と値上げラッシュ

もっと見る