• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

虎退治のソフトB武田翔太 二軍投手コーチが語る“潜在能力”

「初の日本シリーズ、初の甲子園? いやあ、緊張しました。緊張しているように見えなかった?かなり緊張してましたよ。途中から(この緊張感を)楽しもうと思って投げました」

 こう言いながらも、試合中から笑顔を崩さなかったのがソフトバンクの武田翔太(21)だ。

 1敗で迎えた日本シリーズ2戦目に先発し、阪神打線を五回まで完全に抑えた。六回に1点を失い、七回には無死一、二塁のピンチを招きながらも、ニコニコと投球。7回3安打1失点で勝利投手になった。

 秋山監督も「甲子園のファンの声援がすごい中で自分のピッチングができた。大変、素晴らしかった」と脱帽だ。

■中日落合GMも大絶賛

 高卒1年目の12年に11試合で8勝(1敗)と鮮烈デビュー。当時評論家だった辛口の中日・落合GMにさえ、「武田はエースになれる」と太鼓判を押されたほどだ。が、昨季は右肩痛などの影響で4勝4敗。今季も同様の理由で出遅れ、8月に一軍復帰してから7試合で3勝3敗だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  5. 5

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  8. 8

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

もっと見る