• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

通訳なしで孤軍奮闘…川崎宗「日本よりメジャー」の心意気

 このオフ、FAになった川崎宗則(32)のもとには、日本の複数のプロ球団からオファーがあったという。

 年俸はおそらく1億円以上。少なくともメジャーに昇格できるかどうか分からない米国に比べれば、生活も収入も安定していた。しかし、川崎が選んだのはブルージェイズとのマイナー契約だった。

 渡米当初は「イチローの追っ掛け」などと揶揄(やゆ)され、イチローがヤンキースに移籍して以降は日本球界復帰が確実視されていた。が、より高いレベルで勝負したいという気持ちは本物だった。

■連携プレーにはスペイン語も

 通訳はいない。英和辞書片手に日々、奮闘。最近はスペイン語も少し覚えた。ドミニカ共和国出身選手との連係プレーでは、「ヨ・ラ・テンゴ(オレに任せろ)」と大声で叫んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  2. 2

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

  3. 3

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  4. 4

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  5. 5

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  8. 8

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  9. 9

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  10. 10

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

もっと見る