通訳なしで孤軍奮闘…川崎宗「日本よりメジャー」の心意気

公開日:  更新日:

 このオフ、FAになった川崎宗則(32)のもとには、日本の複数のプロ球団からオファーがあったという。

 年俸はおそらく1億円以上。少なくともメジャーに昇格できるかどうか分からない米国に比べれば、生活も収入も安定していた。しかし、川崎が選んだのはブルージェイズとのマイナー契約だった。

 渡米当初は「イチローの追っ掛け」などと揶揄(やゆ)され、イチローがヤンキースに移籍して以降は日本球界復帰が確実視されていた。が、より高いレベルで勝負したいという気持ちは本物だった。

■連携プレーにはスペイン語も

 通訳はいない。英和辞書片手に日々、奮闘。最近はスペイン語も少し覚えた。ドミニカ共和国出身選手との連係プレーでは、「ヨ・ラ・テンゴ(オレに任せろ)」と大声で叫んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る