通訳なしで孤軍奮闘…川崎宗「日本よりメジャー」の心意気

公開日: 更新日:

 このオフ、FAになった川崎宗則(32)のもとには、日本の複数のプロ球団からオファーがあったという。

 年俸はおそらく1億円以上。少なくともメジャーに昇格できるかどうか分からない米国に比べれば、生活も収入も安定していた。しかし、川崎が選んだのはブルージェイズとのマイナー契約だった。

 渡米当初は「イチローの追っ掛け」などと揶揄(やゆ)され、イチローがヤンキースに移籍して以降は日本球界復帰が確実視されていた。が、より高いレベルで勝負したいという気持ちは本物だった。

■連携プレーにはスペイン語も

 通訳はいない。英和辞書片手に日々、奮闘。最近はスペイン語も少し覚えた。ドミニカ共和国出身選手との連係プレーでは、「ヨ・ラ・テンゴ(オレに任せろ)」と大声で叫んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  3. 3

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  4. 4

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  5. 5

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  6. 6

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  7. 7

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

  8. 8

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  9. 9

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  10. 10

    軟弱地盤も…不動産高価格の東京都心・西側に浸水の可能性

もっと見る