ドジャースのカーショウ投手が3度目のサイ・ヤング賞

公開日: 更新日:

 最も活躍した投手に贈られるサイ・ヤング賞が現地12日に発表され、ナはドジャースのエース左腕クレイトン・カーショウ(26)、アはインディアンスの右腕コーリー・クルーバー(28)が、それぞれ選ばれた。

 カーショウは27試合(198.1回)に登板して自己最多の21勝(3敗)をマーク。勝ち星、防御率(1.77)ともリーグトップでチームの2年連続地区優勝に貢献した。昨季に次いで2年連続、11年と合わせて3度目の栄誉を手にした。

 一方のクルーバーは34試合(235.2回)でリーグトップタイの18勝(9敗)を挙げ、防御率2.44。奪三振数でライバルのマリナーズ・ヘルナンデス(248個)、ホワイトソックス・セール(208個)を上回る269個をマークしたことが評価された。今季はチームが低迷する中、孤軍奮闘を続け、メジャー4年目にして初のタイトルを獲得した。

 カーショウは13日に発表されるナのMVP候補にも名を連ねている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  6. 6

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  7. 7

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  8. 8

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

もっと見る