ドジャースのカーショウ投手が3度目のサイ・ヤング賞

公開日:  更新日:

 最も活躍した投手に贈られるサイ・ヤング賞が現地12日に発表され、ナはドジャースのエース左腕クレイトン・カーショウ(26)、アはインディアンスの右腕コーリー・クルーバー(28)が、それぞれ選ばれた。

 カーショウは27試合(198.1回)に登板して自己最多の21勝(3敗)をマーク。勝ち星、防御率(1.77)ともリーグトップでチームの2年連続地区優勝に貢献した。昨季に次いで2年連続、11年と合わせて3度目の栄誉を手にした。

 一方のクルーバーは34試合(235.2回)でリーグトップタイの18勝(9敗)を挙げ、防御率2.44。奪三振数でライバルのマリナーズ・ヘルナンデス(248個)、ホワイトソックス・セール(208個)を上回る269個をマークしたことが評価された。今季はチームが低迷する中、孤軍奮闘を続け、メジャー4年目にして初のタイトルを獲得した。

 カーショウは13日に発表されるナのMVP候補にも名を連ねている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る